ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

浅間山も笑っているかな?

本日のタイトルですが、浅間山が何故笑っているかなどと
書いたのかと言うと


「山笑う」
というのが春の季語の一つとしてあるのですね。

「山笑う」

ってなんかもう本当に大自然が訪れた春を力いっぱい
喜んでいるようでこちらも嬉しくなりませんか。


我が家より背に、毎日その表情を変えながら
圧倒的な雄大さで聳え(そびえ)立つ浅間山。

冬中被っていた真っ白な雪が溶けて体を流れ始めているから
くすぐったいでしょうか。
きっと笑っていると思います。

そんな浅間山を毎日幸せな気持ちで拝むのも
もう残すところ後少ないDAISYです。
こんにちは。



こんな風になんだか穏やかに始まった本日の更新ですが
実はここ数日怒涛の忙しさでした。
忙しすぎて、忙しいんだか、忙しくないんだか
わからなくなってしまうほど、忙しかったです。


というのも
昨日ですね、しかも午後ですね
私が引越しのトラックを予約し忘れていたという
ハチベエもびっくりなうっかりぶりが明らかになり
大慌てのDAISYさん。
あちこちに電話をかけるも一向に車は見つからない。
引越しシーズンでどこも予約が一杯なのですね。

てゆーか、引越しの寸前に
「引っ越すんで車貸してください。」
とかいうような人はいないのでしょう。
みんな用意周到にことを運んでいるわけです。

でもそこは嫌いな四字熟語を聞かれたら
(*゚Д゚)ノ「はい、「用意周到」です。」
と答えたくなってしまうほど、そういうことの計画性がない私なので
なんかもう自分に呆れながらも
すこし笑ってしまいました。

でも、四方手を尽くしてみても全く解決の目処が
立たなかったため、そろそろ本当にドキドキしてきて
胃が変な風に気持ち悪くなり
どーしよう。引越しできないかもしれない・・・。

と思ったらなんかクラクラしてしまいました。
もうどうしたらいいかわからなくなり
母ちゃんに電話したら
(おろおろするといつもとりあえず母ちゃんに電話するDAISY)



「うーん。トランクルームみたいの借りて、そこに預けとくっていう手も
あるよね。」

という意見が。
流石年の功。(怒られる)

私より頭いいなあと思った瞬間でした。

しかしここは長野県、スペースだけは豊富なのです。
(後お年寄りも豊富)
余ってる部屋が幾つもあるような家に住んでる人々ばかりの地域で
トランクルームなんてありません。
その案も却下。

夕闇が迫ってくるのと共に私の心も暗く閉ざされていきます。
どうしていいかわからなくなった私は部屋の隅で
体育座りをしていました。
物事は何も進んでいないのに時間だけは残酷に
刻まれているのです。

ああ、一体私はどうしたら良いのでしょうか!!!


と思ってると

その時に現れたHUCKLEBERRYちゃんが


(つ´∀`)つ「持っているもの、全部捨てちゃおう。」



とボソリ。
私はその場に無言で佇んでいたのですが
ようやく、それが一番合理的な方法かもしれないと思い始め、
今日も朝からいろんな引越し業者に電話したりしたのですが
やはり急すぎて無理だといわれたので


捨ててしまおうぜ!全部!作戦!


に切り替えられ、続々とものをすてました。


うんうん、私がトラック予約し忘れたのが悪かったけど
でも結局二人ともいろんなところを旅して回るのが好きなんだから
そんな私たちに必要以上の荷物なんていらないんだよ、
シンプルに生きろっていうことなんだよね!

と途中から、前向きに。
↑ポジティブだなあー・・。



大切にしてた器や、写真や、大好きな本なんかもみんな捨てました。
HCUKLEBERRYちゃんが自分が長年使っていたものにお別れするから
とイチイチ私にその歴史を話してくるのであまり進みません。

私もそういうこと考えると、大事なものばかりだし捨てられなくなってしまうので
何も考えずにひたすら手を動かすことに没頭してました。



しかし、どーーしても捨てたくないものが。

ああ、捨てなきゃ・・・でもでもやっぱり捨てられない。
これだけは・・・

と葛藤。
HUCKLEBERRちゃんは私の父ちゃんが昔聞いていたレコードがどうしても
捨てられないと言い出した。


その荷物たちはなんとふんどし君が預かってくれることに。
ありがとう。ふんどし君ーーーーーーー。゚(゚´Д`゚)゚。本当に助かります。
いつも変態って言ってごめんなさい。


因みに私がどうしても捨てられないのは


林檎の木箱

カゴとバスケットです。















今、ガラクタって思った?一番先に捨てろよって思った? 




私にとっては高級な宝石より大事なんですよー。
高級な宝石一つも持っていないけど・・・。




でもとにかく、一応の目処はつきました。
本当にほっとした。
文字通り胸をなでおろしました。


明日はいよいよインターネット接続も切れてしまいます。



もし朝ブログ更新できなかったら切ないので今のうちに
叫んでおきます。




 I LOVE 浅間!

I LOVE 信州!

I LOVE ALL OF YOU!!!!




・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん




私とHUCKLEBERRYちゃんを受け入れてくれて、本当に本当にありがとう。

今日もゴミ出し中ずっと次の場所でもこんなに素敵な人々と出会えるといいね!
と話していました。








DAISY




b0099516_17362871.jpg


お別れ言いに来てくれたふんどし君とラブリーちゃん。
みんなで「チョムスキー」と言ってます。



b0099516_17365148.jpg



今日いるものいらないものを選別してる時に私が
( ´_ゝ`)「HUCKLEBERRYちゃん
この頂き物のダルマさん、かわいそうだけどさよならする?」

と聞くと

(つ´∀`)つ「何言ってるの?ボクが日本語テストに合格するまで彼はずっとボクと一緒だよ。
旅先にも連れて行くよ。」
(↑願掛け中です。)

とのことでした。
今後彼とHUCKLEBERRYちゃんが旅先の様子を伝えてくれることと思います。
初登場の今日は我が家の庭から。
次回の登場を乞うご期待。
[PR]
by liar-basho | 2008-03-26 16:57 | 信州に暮らして
<< これからは「チャイよ!」 美しい日本語表現に胸ときめかす春。 >>