ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

ウェールズ週末滞在記―四季を通じて美味、ギネスビールー編。

さて、ロンドンに帰って来てしまいました。(がっくり)
ビクトリア駅で行き交う人々の
喧騒の中に立って、

ああ・・・・
埃っぽい都会・・・。
みんな急いでいるな・・・!

Who are you?
遊びだけの六本木

私(ワタシ)見かけだおしでごめんね!
by荻野目洋子

と田舎から出てきたばかりの少女のような感想を持ちながら
重たい体をひきずって帰って来てしまいました。(がっくり)
(荻野目洋子さんを知らない人はお父さんお母さんに聞いてみましょう)

部屋ではインターネットに接続できないので
今下書きをしているのですが一体いつ更新できることになるやら・・・。
こうやって少し時間の空いた時に
下書きをして保存しておいて
話題がズレて更新できなかった記事が結構あります。

今回はフレッシュなうちに記事が更新できることを願って
部屋の窓から蕾の膨らんできた
名前を知らない木を眺めながら書いているDAISYです。
皆様いかがおすごしですか。

さて、ウェールズのお話でした。

私達が滞在した小さな村。

私の印象としては
これはオーストラリアにいたときにも感じたことなのですが
田舎の小さな村だからといって決して寂れているとは限らないということですね。

日本で考えると
田舎の小さなむらって言うともうこれは
これといった産業がない限り、
過疎の一歩を辿る―財政超困難
という印象が強いですね。

なんというか本当にもう寂れてゆくだけ
「斜陽」を通り越して「落陽」って言葉がぴったりなそれは悲しい状況が
全国各地で繰り広げられているわけですけれども、

(斜陽――比喩的に、時勢の変化で没落しかかること。(陽が斜めに翳るようにね)
 落陽――普通はこういう意味では使わないだろうけれどDAISYが使ってみただけ。
     陽がとっぷりおちちゃうことをいっています)

とにかく、私たちが滞在した村には観光客も一杯きていたし
公共施設も住民の比率から考えたら
もったいないほどに充実していたし
どうやらお金のある自治体だったようです。
後個人の力も強いのかな、富豪の人とか住んでいるのかな?

こーいうのをみると
日本の、
じいちゃんばあちゃんばっかりで
暗くて寒い(偏見)過疎の村は
何とかなんないのかな・・・
って悲しくなってしまいます。

まあ政治のことは私には全くわからないので
この辺にしておきます。


とにかくこじんまりとしていて可愛らしい街でした。

素敵な小道。



b0099516_98896.jpg




村の周りを囲む幾つもの丘のうちの一つ、頂上付近にある古い聖堂。


b0099516_984319.jpg



聖堂から街へ続くレンガのみちです。

b0099516_991525.jpg


カラフルな家々。


b0099516_9101613.jpg




タイトルにもあるように、パブでギネスビールを
ごくごくのみました。
沈んでしまうようなふかふかのカウチで
クリーミーなギネスをごくんごくんと喉に流し込んでいると
もう何も入らないなとおもってしまいます。

そんな風に、大事なもの、素敵なものを再確認させてくれる今回のたびでした。






DAISY
[PR]
by liar-basho | 2009-02-24 09:13 | DAISY IN THE U.K
<< ロンドンで豪華絢爛記―プロロー... ウェールズ週末滞在記ー春の光と... >>