「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

若さゆえ・・・。

しばらく風邪をひいていたHCUKLEBERRY氏
漢方の粉薬を飲んでいたのです。
説明書には一回に付き付属の匙三分の二分の粉を服用するようにと
書かれていました。
昨日私の所へ来て

「どうして最初から一匙でいいように匙を開発しないのかな。」
とすごくまじめな顔で質問してきたので
お茶を吹きました。
「初めから粉ですくうからやりにくいのに
三分の二の量を自分がきちんと飲めているのかわからないから
不安になるんだよ。
製薬会社は服用する患者のその辺りの心理的負担をどのように
考えているのか。」

ということですがどうでしょう。
言われてみればその通りなのですが・・。


b0099516_7121344.jpg

KAI様<父ちゃん・・・。

さて、昨日は心療内科を受診してきました。
一月ぶりの受診です。
心から信頼できる先生に診てもらっていることの幸運をかみしめて
帰宅の途についたのですが
往復三時間半
車中で私たちが話したのは

アメリカ選挙
イラク、アフガン情勢
アメリカのメディア情勢
アメリカ移民についての課題
wikileaks
(匿名による政府や、企業、
宗教に関わる機密情報を公開するウェブサイト)
について

その他諸々。
何この報道特集
もちろんHUCKLEBERRY氏が一人で喋っていたのですが
話題が話題だけに半分くらいしかわかりませんでした。
でももう普段から話していてHUCKLEBERRY氏の政治的見地等は
よくわかっているので言ってることが分からなくても
あーはいはいって感じなのですが。
そしてふいにHUCKLEBERRY氏が言いました。

「あーそういえばさ、DAISYちゃん
初めて僕らが食事した時にさ、安楽死についての見解を僕に求めたよね。

















NANI---!?(ドン引き)
過去の私、そんな人だったの?
知らない!(←無責任
全然覚えていません。
しかも私その当時ほとんど英語が喋れなかったのに
どうしてそんなにハードルあげてるの?
大冒険のしすぎでしょ!

「えーそれでHUCKLEBERRY氏なんて答えたの?私はなんて言ってた?」
「もちろん僕は自分の意見を真剣に話したよ。
DAISYちゃんは興味深そうに一生懸命聞いていた。
(絶対内容はわかっていなかったに違いない)
そして面白い子だなあ・・。勇気があるなあ。と思った。」

勇気というか、常識がないというか
過去の私、そんな人だったの?(二回目)

ここ一年であまりに色々なことがありすぎて
過去のことを全部忘れました。
昨日のことしか思い出せません。
それくらい必死で生きているのですが、
昔の話をされると恥ずかしいなあ・・・。

そしてその後私
出生前診断についての見解」を更にHUCKLEBERRY氏に求めたらしい。
知らない!(無責任

ひー、やだなあ初めての食事でそんなこと色々聞いてくる
言葉がまともにしゃべれない子なんて・・・。
面倒くさい子だなあ・・・。


DAISY25歳、HUCKLEBERRY氏25歳、シドニーの、初夏でした。

それでは皆様良い日曜をお過ごしください。





人気ブログランキングへ その時からずっと面倒な娘の面倒をみているHUCKLEBERRY氏に応援クリック!


こちらのサイトに「花まる日和」が登録されています。もしよかったら遊びに行ってみてくだされ。
[PR]
by liar-basho | 2010-10-31 06:49 | 母ちゃんになったよ

アップルティーおいしい。(タイトルと本文は一切関係ありません。)

昨夜は三時までKAI様寝なかったそうな。
そしてもちろん
「歯が生えてきていたいんだよね。絶対そうだよね。」
とHUCKLEBERRY氏は言っています。絶対違うと思います。
てゆーかしつこいよね、その主張。
でもHUCKLEBERRY氏がKAI様を寝かしつけている間
ぐっすり眠っていた私は
「そっか。」とHUCKLEBERRY氏の主張を受け入れました。
妻の鑑的な?(←うざい

HUCKLBERRY氏は週に一回日本語教室に行っています。
帰宅後は質問の嵐です。
答えられる質問と、そうでないものがあります。
私も説明できないことが多いのです。
何度も人が話しているのを聞いて、自分も使って
体にしみこませて覚えてゆくしかないですな。



と、自分に言い聞かせるDAISY三十二歳、勉強キライ。


preposition(前置詞)
がキライ。

on , at, by, for , in
とかそーゆーのがキライ。
でもまあ、それなりに人とは英語でコミュニケーションできます。
ブロークンもブロークン、全身複雑骨折してるような私の英語ですが
フォーマルなビジネスの場とかでは問題あるかもしれませんが
タレ目のパートナーと意思疎通するだけであれば全然大丈夫。




というわけで今日も骨折しまくりの英語でHUCKLEBERRY氏に
日本の政治について説明する私・・・。
(英語力以前にさまざまな問題が露呈しておりますが。)
国会の仕組みとかさ、知ってる?みんなそんなの。

b0099516_2155226.jpg

KAI様<池上さんを呼んで!

私の英語がブロークンかそうでないかはもうこの際
あまり関係ないほどにしどろもどろのDAISY政治解説。
自分がタレ目の人に英語で日本の政治の仕組みを
説明するようになるなんて想像だにしませんでしたよ。
人生何が起こるか分からないものですなー。
そう、あんなに元気でI LOVE 人生!だった私。
三十路を過ぎても「手のひらを太陽に」がテーマソングだった私。
それが人生に絶望するうつ病になってしまうなんて
青天の霹靂
この言葉、私が使うためにあったのね!
いま使わないでいつ使うのでしょう!
霹靂って雷が鳴ることだって知ってた?
そう、何が起こっても不思議じゃない人生。
明日は何色か誰にも分からない。
ってことは
HUCKLEBERRY家がリッチになるってこともあるかもしれないね!
うん、それはないね。
まあでも私の具合もそんなに悪くないし
KAI様はころころしてて可愛いし
HUCKLEBERRY氏は焼酎のお湯割り飲めるし
これ以上を望んだらバチが当たるってもんですよ。
ただ、車とアメリカ里帰り用費用と私が働かなくても
オッケイな経済的余裕とおいしいワインと
おいしいチーズと後モンブランとあと家とか欲しいなー。
KAI様、人間てゆーのは欲の深い生き物なんですよ。(うわあ


なんだかとりとめのない内容になってしまいましたが
KAI様には骨折してない日本語と英語を話せるようになってほしい
親心に
人気ブログランキングへ ぽちりとひとつお願いします。



ここのサイトに「花まる日和」が登録されてます。
もしよかったら遊びに行って見てくだされ。



今日はこれから心療内科受診です。
大雨ですが、皆様どうぞよい週末をお過ごしください。
DAISY
[PR]
by liar-basho | 2010-10-30 06:21 | 母ちゃんになったよ

お茶石鹸最高。

先日私の留守中にフリーマーケットに行き
HUCKLEBERRY氏が購入したもの。

b0099516_2055897.jpg


怖いきつねの絵。
これを玄関に飾るそうです。

うちの裏は稲荷神社。
何だか意味がわかりませんが
この絵と神社とトータルコーディネート
らしいです。
えらくグローバルなのです。
HUCKLEBERRY氏は日本の神話的なものが好きで
とくに狐と狸が好きです。
狸の置物をもうかれこれ五年ほど探し続けています・・・。
(↑見つからないでほしいとひそかに願うDAISY)

ところでお稲荷さんのきつねって本当に怖いのです。
でもKAI様の御宮参りもしたし、とにかく近いので
怖いけど、散歩の途中にいつも立ち寄り
KAI様と
「病気がよくなりますように。
 私と同じように苦しんでいる人たちの重荷が少しでも
 軽くなりますように。」
とお祈りしています。
町内会で氏子会に入っているので強制的に
このお稲荷さんの修繕費とか払ってます。
ご利益あるはずなのです。(←腹黒い考え



b0099516_20332221.jpg


もうひとつ、
ひょっとこのお面。
「アンティークでしょ。すごい格好いいでしょ。」
とHUCKLEBERRY氏は言ってます。
トイレの横の壁に取り付け
「ああ、この位置が最高だ。」
と悦に入ってます。

夜怖いんですけど・・・。
この顔がこっち見てて・・・。
そして怖くて
一体いくらだったか聞けない。


こうやって私の趣味とHUCKLEBERRY氏の趣味とが
ぶつかりながら、融合しながら
生クリーム大福のように(←和と洋の共演といいたい)
家の中を彩っています。

KAI様はごろごろごろごろ転がりながら
自分の行きたい方向に自分をコントロールさせる
ローリングマスター技を発動させつつ

b0099516_2061267.jpg

玄米きなこかゆ(気取って抹茶碗に盛ってみました)
とさつまいもペーストの離乳食を食べ

b0099516_2062477.jpg


今日も元気にロッキングチェアの下に挟まっています。



それでは皆様良い一日をお過ごしください。
今日はもりもり洗濯しようと意気込むDAISYと
日本語教室へ向かうHUCKLEBRRY氏
転がり続けるKAI様、
それぞれに仕事をするHUCKLEBERRY家に

人気ブログランキングへ ぽちりとひとつお願いします。
[PR]
by liar-basho | 2010-10-29 09:57 | 母ちゃんになったよ

七か月の新毛。

悲しいときー(悲しいときー)
(うわあ、ふるぅ・・・)


HUCKLEBERRY氏がKAI様の素肌にトレーナーを着せていたときー!(HUCKLEBERRY氏がKAI様の素肌にトレーナーを着せていたときー!)

悲しいときー
悲しいときー



おはようございます。DAISYです。

なんで素肌に着せるの!
下に一枚着せてよと言うと

「だって知らなかったんだもん。」
という答えが返ってきたのですが・・・。
イマジンオブ、ノー下着ですよ。
想像してごらん、下着なしでトレーナーを着ることを。
イクメンHUCKLEBERRY氏、こどもに服がちゃんと着せられません・・・。

それにしてもなんですかこの「風邪などひかないよう、お体ご自愛ください」
的な天気。寒いよー。
でもこの季節の変わり目に対応して

b0099516_715362.jpg

KAI様冬毛が生えてきました。
今朝なんてちょっと寝ぐせがついていて母ちゃんはとても嬉しかった。

そう、何といってもKAI様今日で七カ月のお誕生日です。
毛以外にも色々成長しているのです。
おめでとう。そしていつも
私の面倒を見てくれてありがとうございます。
うつの波が来て立ち上がれなくなったり
色んなことが、もういっぱいいっぱいになったりするとき

いつも
b0099516_7195329.jpg

<母ちゃん、落ち着いて。大丈夫だよ。僕はいつも一緒にいるよ。
と教えてくれるKAI様。
見つめると見つめ返してほほ笑んでくれて
手を握るときゅっと力を込めて握り返してくれる
KAI様がいて、何とか毎日乗り切ってここまで来れました。
助けてくれて、本当にありがとうね。
父ちゃんと一緒にこれからも母ちゃんを支えてやってくだされ。


さてさて、
b0099516_843037.jpg

昨夜から飲み物は焼酎お湯割りに変わりました。
HUCKLEBERRY氏は
「うん、僕はそばより麦のほうが好きだな。」
と言っていましたが
「米」「麦」「そば」
別々に飲むと味の違いがよくわかりません。
芋はさすがにわかるのですが・・。
お湯割りの季節到来ですなあ・・。



b0099516_11521766.jpg

キッチンのテーブルの上
そばちょこに菊、と歯茎の薬。


b0099516_11541981.jpg

アトリエ的空間、大体出来上がりました。
私の好きなものをぎっしり配置して満足。
今日は一日雨らしいのでなんか作ろうと思います。

それでは皆様良い一日をお過ごしください。

「僕はもうフレーバーと言えば「お茶」だよ。」
と突然言い出したHUCKLEBERRY氏
髪の毛伸ばしてドレッドヘアにしたいそうです。

人気ブログランキングへ 楽しみクリック。
[PR]
by liar-basho | 2010-10-28 08:11 | 母ちゃんになったよ

良い人の天才。

昨日も書きましたが、KAI様がぐずるたびに
「歯が生えてきて痛いんだ。」
と言うHUCKLEBERRY氏、(←絶対違う)
今日はオーストラリア人の友達からこれをもらってきました。

b0099516_18301.jpg

赤ちゃんの歯茎につける薬です。マジかーー!
天然成分だけでできているので
薬とは言わないかもしれませんが
とにかく、アメリカだけではなくオーストラリアでも
この時期泣くと全部歯痛のせいにされてるっぽい。
(ひどい言い方・・)
日本ではこーいうの見ないですよね・・。

てゆーかさ、欧米の人たちってさ
やっぱりなんか色々頼りすぎじゃない?
と思うのですが・・。

無痛分娩とかさ、お産つーのは痛いもんじゃないか!
HUCKLEBERRY氏なんてちょっと具合悪いと
すぐ薬飲むしさ
そんなに簡単に薬飲むなよ!と思ってしまう。
(あ!私毎日大量に薬飲んでた。忘れてた。)


日本人てさー、やっぱ漢方薬も浸透しているし
風邪引いたって、ネギとかしょうがとかあるじゃん?
と思うのは私だけでしょうか。

でもね、昔ながらの方法でお産に挑み、
それができず結局最新鋭の設備の整った病院で
酸素マスク付けながら何が起こってるのかわからない中で
恐怖におののきつつ
KAI様を産んでからね、
その体験がトラウマになって
具合が悪いときはもう様子を見たりせず
自然治癒力とかに任せず
もう全部薬に頼っちゃおう
的な感じに考えが変わりました。

トラウマってこわいね・・。
最初はステロイド入りの軟膏とかあんまよくないかな、
とか思ってたのに
KAI様に処方されるともうぬりぬりぬりまくりです。
無痛分娩、痛くないなんて素敵!
西洋医学バンザイ、杉田玄白サンエライヒト!

収拾がつかなくなってきたところで話題を変えて・・・
最近KAI様がお昼寝を良くするので
その間にいろいろネットでうつ病のことを調べたり
家族の人が書いてるブログを読んだりして
そのたびにものすごくへこむというニュースです。(←ばか


うつ病は治らない、とか
ネガティブな人のそばから離れるのが大事
とか色々書いてあって悲しいことに
うつ病のパートナーを持つ人に
「このままだとあなたの人生もめちゃくちゃになるから
離婚しろ。」
という人がとても多いのです。

私は周囲の理解に恵まれていて幸運でしたが
家族に理解されず、あげく不幸の元凶とされてしまう
人たちはどんなにつらいでしょう。
心が張り裂けそうになってしまいます。

闇の底に突き落とされる気持ちになって
絶望すると思いますよ実際。
そーいう病気なんだもん。
本当に嫌です。
ああいやいやいやと考えていた
そんな折、HUCKLEBERRY氏からケータイメールが届きました。
「プチンは元気?毎日本当にありがとう。」
と。


涙。
ぬぐってもぬぐっても次から出てきて、はながつーんとするじゃないか!!

そしてその後更に電話もかかってきました。
(仕事中一日に何回か私の様子を心配して電話をかけてくる)
「ちょっとさ、ネットで色々みて具合が悪くなっちゃったんだよ。
みんな離婚したほうがいいって言っていたよ。」
と言うと

ぷっ!
と笑い飛ばされました。

「だってずっと一緒に生きていくんだから、
色んなことがあるでしょう。あたりまえじゃない。」
と。そして花束を買って帰ってきました。

なんなの!なんでそんなにナイスなの?
ナイスの天才なのこの人?

「今日も一日DAISYちゃんでいてくれてありがとう!」
と言ってほほ笑むHUCKLEEBRRY氏に
感謝して、ああ・・KAI様とその「ついで」と
思ってすみません。
と反省するDAISYなのでした。


b0099516_1820891.jpg

KAI様<父ちゃんはいいやつだなー。





人気ブログランキングへ ほんとだね、クリック  
[PR]
by liar-basho | 2010-10-27 08:33 | 母ちゃんになったよ

イマジン オブ

日曜日の話ですが、パーティーがあって私達は
家族そろって出席したのですが
こどもがたくさん来ていたんです。
とにかくおおにぎわい。
どたばたきゃーきゃー非常に賑やかでした。
カーテンの裏に隠れたり
机の下にもぐったり
跳んではねて・・・
私自分がよく保育士をしていたなあと
よくあんな大変な仕事をしていたなあと
過去を振り返ったりしたのですが

その、はしゃいで大声で遊ぶ子どもたちを見て
KAI様大興奮!

真剣に彼らを視線で追い、
かれらがぎゃーとか言うと
KAI様も「うおー」
とかほえるのです。

そしてばたばたものすごい速さで足と手を振り回し
盛んに「おれだって負けないんだからなー」
とアピールしているように見えました。

きっと自分もかれらと一緒に走り回っているつもりだったのでしょう。
想像の中で真剣にほかの子供たちと遊んでいる
KAI様の真剣さが可愛過ぎて
もうどうしたらいいんだろう
とHUCKLEBERRY氏が相談してきました。
KAI様は我が家の魔法使いだからね・・
魔法で父ちゃんと母ちゃんを元気にしたり
幸せにしたり、溶かしたりするのです。

そーいえばKAI様下の歯二本が
生えそろったと思ったら
上の歯も少し歯茎から二本顔を出してきました。
そしてKAI様がなくたびに
HUCKLEBRRY氏は
「絶対に歯が生えてきているから痛いんだよ。」
と言い、ちょっと試してみる、
アメリカではみんなやってるから(本当かよ)
と言って
歯固め(おもちゃ)を冷凍庫に入れ
冷やしてKAI様にくわえさせました。

「ほーら、ひんやりして歯茎が気持ちいいでしょ。」
と言いながらKAI様の口に入れたのですが

KAI様<「ぎゃー!!

なにすんだよ、こんなもん急にしゃぶらせて!
と激怒してました。そうだよね・・・。
日本では言いませんがアメリカでは夜泣きは
歯が生えてくる痛みのせいだと思われているようです。
(もしかしたらHUCKLEBRRY氏の周辺だけかもしれませんが)

HUCKLEBERRY氏、今週末のハロウィンには
「ポッキー」になる、と言い出したんですけど
妻として、私はどうすればいいのでしょうか?


人気ブログランキングへ  いちごポッキーだけはやめてクリック
[PR]
by liar-basho | 2010-10-26 09:52 | 母ちゃんになったよ

更に!

飲んでいた夜のお話です。
ちょっとノロけ的な、猛暑を思い出させるような
内容になるかもしれませんので先にお知らせします。

私、HUCKLEBERRY氏、アメリカ人のKちゃんで、まあ
それはなんともいろんなことを話したのです。
でもこういうときに旅をしてきた人の話っていうのは
やっぱり圧倒的に面白いですね。

Kちゃんも旅人で、いろんな国を一人で旅してまわっていました。
旅のお話は尽きることなく続き、
ふとしたところで
Kちゃんが
「二人はずいぶんいろんなところに一緒に
行っているようだけれどどれくらい一緒にいるの?」
と聞いてきたので

「えー、私算数出来ないんだよ。(算数は全く関係ありません)長い間。」
と答えるとHUCKLEBERRY氏が

「七年です。」
としっかり答えていました。
するとKちゃんが
「アメリカでは恋人同士は七年目が一番危ないって言われるんだよ。DAISY達はどう?」

と聞いてきました。
日本では三年目とか言いますよね?言わない?
七年めというのは初めて聞きました。
Kちゃんは私達より二歳年下、
結婚している友人も多いそうですが
みんなそれぞれに不満があり、あまり幸せそうなカップルは見かけない中
DAISY達はエクセプショナル(例外的)
な感じがすごくすると言われました。

するとHUCKLEBERRY氏は

「人々は変化するし、そうするとカップルの関係性も変化する、
それは間違いない。でもね、世の中にこんなに不幸なカップルが多いのは
消費社会がここまで極端な方向に進んできているからだと僕は思うんだよ。」

とか言い出しました。
そのあとはなんか色々難しいことを言っていましたが

「僕たちにも色々あったよ。難しいこと(←DAISYの扱い)
もたくさんあったし
本当にいろんなことを乗り越えてきた(←DAISYのうつ病)
とくにこの一年は僕たちの歴史の中で間違いなく
一番大変だった(←DAISYのうつ病)
でもね、だからぼくたちの関係が危機に陥ったことは一度もないよ。
僕の愛はモアストロング(更に強く)モアディープ(更に深く)になったよ。」

とはっきり言い切ってました。
HCUKLEBERRY氏はシャイなのです。
そして控え目なことで有名。
でも、誰かにこーいった質問をされたときに
幾分の躊躇もなく明確に自分の意見をばしっと恥ずかしがらずに言うところは
やっぱアメリカ人だなーとしみじみ思いました。

そしてHUCKLEBERRY氏のなんというかとらえ方というのはもう
なんか、恋人同士の好きとかそういう感情を超越して
アガペー(無償の愛)
だな・・・。なんかもう本当に申し訳ないなと思いました。

だって、私は本当に迷惑の掛け通しで、こんなにいい人の人生を
灰色に染めてしまっているのではないかと
すごく苦しくなる時があるのです。
こんなこと望んでいなかっただろうな、
こんな重たいものをしょわされると思っていなかっただろうな
私と結婚しなければもっと違った
自由な生き方ができただろうに・・・

などと一人悶々とすることもあったのですが
なんというか氏の心は折れない、
それどころか更にまっすぐと強度を増していたようです。

もうありがとうと思って私も真心をこめて接するしか
彼に返すことはできないなーと思いました。
KAI様とついでに・・(ひどい)みたいに考えていて本当に申し訳ない。
口に出さなくてもわかる
とかよく言いますが、
そして人間にはもちろん洞察力というものが備わっているので
察して、理解するということも経験値と比例して
できるようになるのでしょうが
やっぱり言葉ではっきりわかるように
表現してもらうというのは大きな力を持っているのだと
じんわり感動したDAISYなのでした。




人気ブログランキングへHUCKLEBERRY氏のがんばりにクリック!
[PR]
by liar-basho | 2010-10-25 07:55 | 母ちゃんになったよ

お知らせです

長いこと続けてきたこのブログですが
もっとたくさんの人に読んでもらいたいという思いから
ランキングに参加することにしました。

ついてはHUCKLEBERRY氏の考えたクレイジーなブログ名を
変更して「花まる日和」と改名しました。
浮き沈みの激しい日々ですが
いろんなことがうまくできてもできなくても
いいことがあってもなくても
どんな自分でも花まるの日だよという思いを込めてつけました。

ので、今後とも引き続きHUCKLEBERRY一家の
いっぱいいっぱい記をご愛顧いただけたらと思います。

こーいうバナーが出てきますので
ぽちりと押してくださるとありがたいのです。

人気ブログランキングへ

本日更新しましたので下の記事も良かったらどうぞ。

DAISY
[PR]
by liar-basho | 2010-10-24 16:00 | 母ちゃんになったよ

月下で夢心地。

さて、
「私、本当にDAISYちゃんのブログのファンだから!」
と言ってくれる人に会って、俄然更新意欲モリモリのDAISYです。
(Eさん、ありがとう。そして本当におめでとう!)
日曜日皆さまいかがお過ごしですか。

昨夜は素敵な夜でした。
私たちは港町に住んでいます。
市町村合併の際に同じ市になりましたが
昔は一つの町としてそこに存在し
東海道の宿場町としての風合いをまだ残す隣町で
一夜限りのコンサートがありました。

一つは歴史ある寺院をライトアップして
院内での三味線弾き語り。
(何を言っているのかさっぱりわかりませんでしたが)
バチでベンベン三味線を鳴らし
羽織袴姿のおじいちゃんが
しゃがれた声で語るその姿は

「おおージャパン。」
という感じでした。
なんという薄っぺらい感想なのでしょう。
もうちょっと廃藩置県のこととか
徳川家康とか大政奉還とか米騒動とか
知らないといけないね。
私のあまりの無恥さゆえに
私が外国人に日本史について尋ねられると

「サムライさんの時代にね」
と鎌倉時代から江戸時代まで全部一緒になってます。
一括りにしていいものと悪いものがありますが
これは間違いなく後者ですね。
これ非常によくないね。ご先祖さまに申し訳ないね。


もう一つのコンサートは
大正時代に建てられた美しい日本家屋で
行われた「ノド笛」のコンサートでした。

私、HUCKLEBERRY氏、KAI様
そして日本に来たばかりのアメリカ人の女の子の友達と
見に行ったのですが
そのノド笛師(というのか?)
がトゥバ共和国のノド笛を披露すると手元のパンフレット
に書いてあり
私はその旨を二人に説明したのですが


二人とも
「ミスプリントだ。」
「そんな国存在しない。」
「日本人はノド笛について何も知らないから
そーゆー国があるということにしてあるんだ。」

などと言って信じようとしません。
かくいう私もトゥバ共和国なんて聞いたことないので
一体どこにあるのだろうと興味津津だったのですが

ノド笛コンサートは

b0099516_10311045.jpg


こんな満月の柔らかい光が注ぐ日本庭園の中で行われました。
かくして彼は現れ、
日本語を話し始めたので
トゥバ人らしき人が現れると思っていた私たちは驚きました。
しかもヤングボーイなのです。
二十代前半のような感じでした。
彼は単身トゥバ共和国にわたり
弟子入りし、ノド笛を習い、その技巧を獲得したのです。

初めて聞きましたが、それはそれは不思議なものでした。
喉を鳴らすのですが、笛のような音が周りの空気をゆるやかに揺らしながら
響くのです。
高中低音さまざまな音色が入り混じり
非常に趣深いのです。
また、うすっぺらい感想で申し訳ないのですれども・・・。

石塔、手入れの行きとどいた松、
家からこぼれる明かり、
そして柔らかな月光、
静かな秋の夜の空気、

その中でじっと耳を澄ませて聞きいる100人ほどの人々。
不思議な不思議な空間でした。

始めは声だけで演奏していましたが
途中から弦楽器の伴奏も始まりました。
名前は聞いたけど忘れてしまったのですが
トゥバの伝わる古い伝統楽器だそうです。

大きな木のスプーンに動物の皮を張り
弦を張った見た目はちょっと琵琶のような感じでした。

この楽器が奏でる音色は心の深いところを
ぎゅっと締め付けられるような、
切なさと哀愁に満ちていました。

おおお。赤ワインが飲みたい・・・
と思いながらこの夜が自分の記憶の一かけらとして
刻まれることを嬉しく思いました。





彼が作曲した「月の唄」だそうです。




聴き終った私たちは感動に溢れ、
アメリカ人二人は頭(こうべ)を垂れ

「トゥバがないって言ってさっきはどうもすみませんでした。」
と謝ってきたので許してあげました。


トゥバはアジアの中央部に位置し、ロシア連邦を構成する共和国の1つだそうです。
総人口は三十万人位の小さな小さな国なのですね。

帰宅後もちろんwikipediaでこの国のことを調べ
素晴らしい音楽鑑賞ができてしかも今まで知らなかった国の存在を知って
知識が豊かになり、なんてすばらしいんだろうね
と赤ワインを飲みながら話し始め
話は四方八方縦横無尽に飛びまくり
私はかなり酔っぱらいました。
そして今手元にあるパンフレットを見たら
彼は2008年にトゥバで行われた
ノド笛コンテストで
「アバンギャルド賞」を受賞したそうです。
おめでとうございます。
このほかにどんな賞の名前があるのか気になるところです。

私達に素敵な夜をありがとう・・・。
ワインで酔って人生のことをいろいろ話しているうちに
HUCKLEBERRY氏が感動的なことを言い出したのですが
長くなるのでその話はまた次回・・・。


皆様酔い良い日曜をお過ごしください。

DAISY
[PR]
by liar-basho | 2010-10-24 12:25 | 母ちゃんになったよ

(昔)高い靴履いてた女の子(私)

HUCKLBERRY氏はこのバッグを

(つ´∀`)つ「なす
と呼んでいます。


b0099516_17202465.jpg

(ベルギーで買いました。←無駄におしゃれ)

さて、
昨日のつむじ談義より引き続き
今日は「ハイヒール」です。

きっかけはCMで流れていた米倉さんのハイヒール。
コーヒーのCMでした。米倉さんがハイヒールを履いて
颯爽と歩いて行くのですが
(つ´∀`)つ「ボクはもうこのコーヒーはかわないよ。」
と言い出しました。
(つ´∀`)つ「このコーヒーの売り上げが伸びると、このCMのマーケティング
はサクセスフルってことになるからね。それはよくない。」
と言うのです。

米倉さんのハイヒールが高すぎて足が痛そうだというのがその理由です。
読んでいただいている皆さんにはさっぱり意味がわからないかもしれませんが
そういった独自の哲学に基づいて
本日もHUCKLEBERRY氏は生きています。


(つ´∀`)つ「だいたいさ、女の人はなんでハイヒールを履くのかな。
あんなアンバランスな靴を履いて自分を痛めつけるなんておかしいよ。」
と。
スタイル良く見えるし、足もきれいに見えるからだよと
ペタンコ靴しかはかないDAISYが女性を代表して答えました。
前にヒールのついた靴履いたのいつだろう。思い出せません。


すると
(つ´∀`)つ「男はそんなこと気にしていないよ。
ただ痛そうだなと思って可哀そうな気持ちになるよ。

とのことです。
この人のほかにも女性をこういった憐憫のまなざしで見ている殿方はいるのでしょうか。
どんなことでも続くとそれが例え非日常だったとしても
感覚がマヒして自然なことのように感じてしまうのと同じように
HCUKLEBERRY氏はこういったことを普段から
よく言ってるのですが
それが少数派意見(というかオンリーワン?)
だということを忘れてしまい、たまに他の男の人と
話していてはっとすることがあります。
慣れって怖いわー。



b0099516_17314370.jpg

KAI様のズボンをインにしてハイウエストにして遊びました。
大きくなったらもうさせてくれないだろうなと思うので
今のうちにやってみました。

今日は家族でお出かけです。
皆様良い週末をお過ごしください。
DAISY
[PR]
by liar-basho | 2010-10-23 07:40 | 母ちゃんになったよ