「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

パブのブレックファーストにはそれなりの趣がある。

b0099516_1846363.jpg



朝ごはん。
朝からやってるパブで食べました。
これは「ベジタリアンソーセージ」
初めて食べましたが、おいしかった。
最初はなんかちょっと怖かったけど・・・。


b0099516_1847986.jpg


カプチーノ。
ふんわりミルクがおいしいです。


さて、今日はこれからまたバスに乗ってロンドンに帰ります。
でもまだお休みは続くのです。


ウィークエンドアウェイ最高!



おまけ。


b0099516_18483519.jpg



私達には似つかわしくないような高級な
バーに行って見ました。
こえはウォッカ&トニック。


HUCKLEBERRYちゃんはここで漢字の勉強をしており
私は
「ちょっとやめなよ、こんなとこで。」
と言いました。


DAISY
[PR]
by liar-basho | 2008-08-30 18:51 | DAISY IN THE U.K

Canterbury Tales

初めての長いお休み。
ロンドンを離れてみようという話になりました。

私達は現在ヨーロッパ在住。
イギリスに住むと決めたときの一つの魅力としては

「ヨーロッパ」→「お休みばっかり」

というイメージがありました。
果たしてそれは正しい認識なのかは
今はまだわかりません。
世間一般が「お休みばっかり」
かどうかはわかりませんが
「きっちりホリディ」をみんながとって
いることは間違いないでしょう。

そしてそれは健全な社会の形だと思います。
私達の場合は
一月に一度「ロングウェィークエンド」
というのがあって、そのときは
木曜日から日曜日までお休み。

そしてその次の月は
一月に一週間丸まる休める
「ウィークオフ」
というのがあってそれを交互に取るわけです。
どんなに忙しくても、人が足りなくても
みんながみんな絶対に取ります。
これはもう「権利」というより
もみんなに課せられた「義務」といった方が良いかもしれません。


日本も、もっとお休みが取れるようになると私本当に
日本が大好きなのになあと思う
今日この頃DAISYです。

写真満載でお送りしますね。
ギネスビールを飲みながらホロ酔い気分で
パブから更新しています。


******☆☆****☆☆******☆☆*******

ロンドン中心のビクトリア駅からバスで二時間
カンタベリーにやってきました。


紀元前のローマ軍侵入によって商業の中心地として
栄えた古い町です。

キリスト今日布教のため派遣された聖アウグスティヌスが
修道院を創建して以来英国国教会の聖地となったそう。

見所は「カンタベリー大聖堂」
と「セントアウグスティヌス修道院跡」
といったところでしょうか。

(今回は珍しくガイドブックを読んでいるので
何か参考になることが書いてあるかもしれません。)


b0099516_138189.jpg


到着後の夜。
近くのレストランでギネスで乾杯。
ここで超久々にダルーシーファスJrが外の空気を吸いました。
嬉しくて傾いてしまっているところです。



b0099516_1404517.jpg


パブやバーが並ぶ通り。
ここからお城が見えたのですがうまく写真には撮れませんでした。



b0099516_1423522.jpg



二件目のバー。
色々素敵なお店があってどこに入ろうか悩んだのですが
このロウソクが決めてになりました。
ゆらめく炎の中でのビールが異国情緒を醸します。



b0099516_1444475.jpg



そのパブは天井にホップのドライフラワーがぎっしり
吊り下げられててなかなか雰囲気がよかったです。



b0099516_146571.jpg



翌日。
こーいう風景を見ると
「歴史の」ヨーロッパだなあ、とつくづく思いますね。


b0099516_1472164.jpg


大聖堂の前の広場。
憩いの場ですな。



b0099516_148243.jpg



おおー。

と思って中に入ろうと思ったのですが
1500円くらいかかることが判明し
諦めた二人。
どこか、裏側からタダで見える場所を探そうということになりました。

礼拝堂内の
ステンドグラスが有名だそうで
ちょっと見たかったのですが
1500円は高いのです。





b0099516_1492496.jpg

というわけで周りをぐるぐる歩き回りました。


城壁です。


b0099516_150715.jpg


久々のHUCKLEBERRYちゃんのカケラです。


b0099516_150538.jpg



お昼は大聖堂の見える二階のイタリアンレストランで食べました。
これはサラダバーのサラダです。
盛りすぎていることが一目瞭然です。

ワインはモンテプルチアーノ。
おいしかったあ。


b0099516_1521519.jpg


窓から見えるのが大聖堂。






これが私達が歩いてただで見つけたビューポイント。







b0099516_1555582.jpg






皆様お気づきかと思いますが始めに今回は
何か役に立つ情報が書いてあるかも・・・
とか書いてあるにも関わらず
やっぱりいつものようにグデグデの中身のないものになってしまっているということを。

やっぱビール飲みながらじゃだめでした。


いつか私がガイドブックも顔負けの文章を書くことを
待っていてくださいNE!

DAISY
[PR]
by liar-basho | 2008-08-30 02:00 | DAISY IN THE U.K

連休前夜。

私の周りの風景を少し。


b0099516_5452647.jpg


住んでるおうちの一階の壁を這い登るツタ。



b0099516_5493448.jpg


門にかぶさるようにくびをもたげるブラックベリー。
(数日後には熟してDAISYさんに食べられる運命。)



b0099516_550446.jpg



私は車にはほとんど興味がないのですが
そんな私が唯一好きなのがこの車。
ワーゲンバス。
そこら中に止まってます。
私は淡い色合いの方が好きなのだけれど。

みんな家具を配置したり
カーテンつけたりしてて
とってもかわいい。




b0099516_5521688.jpg



フロントガラスのところにレイが飾ってある定番。
私もいつかやりたい・・・。
でも無理だろう。
軽トラとまりの気がするよ。



b0099516_5534592.jpg



職場から帰るときにいつもこの建物を見て
「ドストエフスキー」と言う言葉が
頭に浮かんできて訳がわからない。

今も何を言ってるのかよくわからない。



b0099516_5551482.jpg



隙間なくならぶおうち。
これは裏側。


b0099516_556090.jpg



私の大好きなポーランド人の同僚の赤ちゃん。







今日こんなことがありました。
仲良くなったドイツ人の女の子が
国に帰るということで
残念だなあと思っていたら

別れ際に彼女の描いた絵をプレゼントしてくれたのです。


b0099516_5402938.jpg



私達二人だそうです。
ちゃんとインターネットで漢字まで調べて描いてくれました。

英語だと
「Satisfaction」

日本語の「満足」
と必ずしも100%同じ意味とは言い切れないような
気もしますが
彼女から見て私達は
お互いに
「Satisfied」
非常に充足した満ち足りた関係に見えるそうです。


ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

そ・・・そうかい??


まあいいカップルだと思われているなら
良しとしましょう。


でもお別れの場面で絵をプレゼントって素敵だよねえ。
いいなあ。



***************


さて私たちは明日から日曜日までお休みです。
初めての長いおやすみ。

カンタベリーという地方に足を伸ばして
二泊する予定です。

皆様どうぞ良い週末をお過ごしください。




ご報告☆

素敵なブログ発見しました。
写真を見ていると今すぐ飛んでいきたくなってしまいますが。

是非ご覧になってみてください。
アジア好きな方にはたまりません!( ←私



asiaxさんのブログ。
[PR]
by liar-basho | 2008-08-28 05:57 | DAISY IN THE U.K

装いも新たに、カムーシーファスJr、始動!

どうもー
「え?低気圧ってなに?」
(↑天気図読めない)
でお馴染みのDAISYです。みなさんこんにちは。

(*゚Д゚)ノ
タイトルみましたか。タイトルーーーー。

そうなんです。
カムーシーファスJrが今手元に。

新しいカメラがやってきました。

高所からの落下による衝撃で心臓発作を起こして以来
入院もさせてもらっていない旧カムーシーファスに変わって
新しいカムーシーファスがやってきました。

しかも贈り物です。
きいた。みなさんきいた?
ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

大事にします。天に誓って大事にしますねー。
本当にありがとうございました。
。・゜(ノд`o)゜・。

という訳で写真が撮れるようになったので
(誰もおぼえていないと思いますが)
告知していた通り

バッグの中身公開します☆



特集を第一回目のカムーシーファスの仕事としてみました。




b0099516_18253058.jpg



こちらが私のバッグの中味です。
バッグはこちらに来てからチャリティーショップで
500円くらいで買いました。
渋い色が気に入っています。

このね、チャリティーショップつーのがもう
完全に人々の生活の一部になっていましてね
自分はもう使わない、でも誰か他の人に使ってもらえれば
という精神がみなぎっているからなのか
みんないらなくなったものをチャリティーショップにどんどん
寄付します。

そして人々も次々に来て次々に購入していくので
どんどん品物が新しくなっていきます。

日本のリサイクルショップと同じだけれど
買い取ったりしない、ただみんな持ち込んで
それを端から値段つけて売ってるようなところが
違うかな。

いろんな種類のチャリティーショップがあって

若い人向けのビンテージものだけを取り扱ってるのから
ばーちゃんじーちゃんって感じのお店まで
多岐にわたります。

私の住んでるカウンティ(部落のようなもの)にも
4軒あってもう事あるごとにそこに通いつめているのです。
(*゚Д゚)ノチャリティーショップ大好き!

物価が高いロンドンですが洋服に関しては
日本のほうがやや高めかなという気がします。
日本の衣料品てなんであんなに高いのでしょうね。

日本より少し安かったとしてもやはり
私には高いのでせっせとチャリティーショップで季節のお洋服を
購入する私です。1000円以上のものは買いません。

こうして衣服を全部古着ですませ、浮いたお金でワインを飲むのです。
うーん、合理的且つ、現実的!且つ貧乏的!




(´ρ`)
・・・私の荷物の話でした。

それでは詳細を。




b0099516_18302020.jpg



HARIBOのグミ


お気に入りです。
いつももぐもぐしています。
いろんな種類があるのだけれど
この種類じゃないと嫌なのです。
ひそかなこだわり。
でも一袋300円以上します。高いよね・・・。
衣類は全部古着で済ませて・・・(以下同文

後、マカダミアナッツのぎっしり入った
ホワイトチョコがお気に入りなのだけれど
こないだHUCKLEBERRYちゃんに
(つ´∀`)つ「食べすぎじゃないの。」
と言われてしまったので封印中。
たまーにHUCKLEBERRYちゃんの
言葉にも耳を傾けるDAISYさん。




お財布

二つ折りの長財布。
ずっと前に横浜のユナイテッドアローズで買って以来
ずーーーーーーーーーーーーーーーっと使い続けています。
そろそろ変えたいのですがこんなに長くお財布をなくさなかったのは
初めてなのでこのお財布を変えるとツキが離れてしまいそうで
変えられません。

私は長財布タイプ使いやすくて好きなのですがちっちゃい
バッグだと入らないときがあるのが困るよね。
普通の人はお財布って大体どれくらいの周期で変えているのだろう・・・。

オイスターカード

お財布の下の青いカード。
ロンドンの公共交通機関はこれなくしては語れません。

このカードを持ってると一回のバス乗車に着き
90p(180円くらい。)

コンビニみたいな小さなお店で買って、
このカードにお金を払い込みます。
そいでバスに乗ったときに
運転手さんの横にある機械に「ピッ」と
ちょっとSUICAみたいな感じ。
使ったことないけど。

地下鉄でも使えます。
これがないと料金倍以上。

何故オイスターなのか誰も知らない、
でもとっても大事な私達の足です。

ロンドン市街地マップ


小さく折りたたんでいつも持ってます。
でも地図が読めないという弱点これいかに。

サンキューカード

いつも何枚かカードを持ち歩いてます。
お世話になった人にすぐありがとうって書いて渡せるように。
でも英語が書けないという弱点これいかに。


b0099516_18314482.jpg


本。


ブックカバーをどこに行っても
素敵ねと誉められる。
でも実家から盗んできたので私のではないのです。すみません。

でも色もデザインもシンプルで私とっても気に入ってます。
中身は
「あやしい探検隊バリ島横恋慕」
という椎名誠さんの旅行記です。
昔読んだことあったのですが
私の妹ちゃんが今度バリに行くそうなので
なんとなく読み返したくなって
今読んでます。
おもしろいおもしろい。

電子辞書


気付いたのです。
こんなに愛用しているのに、彼には名前がないってこと!
なんてことでしょう・・・。

というわけで、安直ではありますが今日この場を借りて
「ディクショナリーファス・ザ・3(サード)」

と命名させていただきました。
名前からわかるように三代目です。
今はカバーをつけてるからわかりませんが
このね、着ている服を脱いだ時の
裸の体がたまりません。
なんとも素敵なボディです。
機能に似てボデイもスマートなんですね。
やばい何言ってるんだかさっぱりわからなくなってきた。

とにかく
もう言い尽くせないほどお世話になっているので
足を向けては寝れません。
これからも末永くよろしくといったとことろでございます。


ポーチ。


一つはタイのカオサン通りで(緑の方)
もう一つはラオスのルアンパバーンで買いました。
どっちもとっても気に入っています。

緑の方は今は文房具が入ってます。
色とか作りもしっかりしてるので値段も
タイにしては結構しました。
450円くらいかな。

もう一つの方は山岳少数民族の人のクラフトのお店で買いました。
一つ100円くらいだったと思う。

リップクリームとグロス、ヘアピン、代えのピアスなんかの
細々としたものを入れてます。
この色合いが大好きで、かばんに入っているのを見るたびに
買ってよかったなあと思うのでもっと買えばよかったなー。

アドレス帳と手帳

スケジュール帳と緑の花柄のノートは
アドレス帳。
自分の住所がまだ覚えられていないというのもありますが
思い立った時に人にすぐお手紙書ける様に

これはオーストラリアにいたときにガレージセールか
なんかでおばあちゃんから10円くらいで買いました。
手ごろなサイズとレトロな柄がとっても気に入っています。



おまけ。



b0099516_18321424.jpg


私達のお部屋には洗面台が着いてます。
ちっちゃなジャムの空き瓶にお花を生けるのが毎日の
楽しみです。

さて、これからじゃんじゃか写真をとって
更新したいと思います。

ネット環境がもう少しよければなあ・・・。
毎日更新するのに。゚(゚´Д`゚)゚。

ともあれ、カムーシーファスJrの今後の動きから目が離せない!
乞うご期待ください。
(自分で言って恥ずかしくてすみません)

DAISY
[PR]
by liar-basho | 2008-08-27 18:39 | DAISY IN THE U.K

初めてのカーニバル in the U.K

HUCKLEBERRYちゃんと
「ノッティングヒル、カーニバル」
を見に行ってきました。


このお祭りはヨーロッパでも最大級の野外カーニバルだそうで
毎年200万人近くが参加するそうです。

1964年に始まり、もう20年以上続いています。
趣旨としては
ここノッティングヒルは
1950年代にカリブの島からロンドンに移住してきた人々が最初に根を下ろした土地だった。
彼らはよりよい生活を目指してきたのですが、現実は違った。
そこに待っていたのは人種差別、過酷な労働環境、そして貧しい生活。
そんな中でその環境に屈せず、明るく生きていこう!
ていう感じで生まれたのがノッティングヒルカーニバルです。多分


そーなのです、このカーニバルは移民の人々の感情大爆発スペシャルなのです。

カリブから移民してきた人々、
ジャマイカ!


とにかくジャマイカ!ジャマイカジャマイカ!

どこを見てもジャマイカ国旗、そいで空気が震えるほどの大音量で
どんどこどんどこ流れるレゲエ。


b0099516_18545686.jpg


(参考画像)



大きな波が揺れる様にその爆音に合わせて思い思いに体を動かす人々。
そこら中から漂うあまーいマリファナのにおい。

区間内にはカーニバル用の通りがあって

その通りをこれまた超爆音でダンスミュージックを流しながら
人々が踊り狂うといった

なんというかいかにもこう南国のカーニバルってかんじのお祭りでした。
カリブの国々から新しい生活を求めてイギリスに移ってきた
彼らの強いられた生活から生まれた
魂の叫びのようなカーニバルなのでしょう。

自由を求めて叫び、歌い、踊る!



b0099516_18554468.jpg


40年続いているとのことですが
始めの趣旨は今も変わらず、カーニバルの主役、
カリブからの移民の人々には受け継がれているのでしょうか。

当時から比べると彼らの社会的地位は保証されるようになって
生活水準も向上したのでしょうか。
ロンドンでの生活は決して今でも
きっと恵まれたものではないのでしょう。

このカーニバルについて
「アイデンティティを確認するための重要なポイント」
だとよく言われていますが
生まれた国を離れて新しい土地で生きていくこと
の難しさを思いました。




白人も黒人もごっちゃまぜでみんな髪の毛振り乱して
びっしょりになって踊っている姿を見ながら

私達は「レッドストライプ」というジャマイカのビールをノンストップで
ぐびぐびし続け、

大声で叫びながらダンスの波の中に突っ込み
爆音レゲエのゆったりしたビートに身を委ね、
おし潰されそうな人山の中から空をフト見上げて

「あ、青いな。」

と思ったり、そんな一日でした。



b0099516_194736.jpg





という訳で今回は
クラシックですがボブマーリーを。




たちあがれ!己の権利のために!
絶対に諦めるな!

魂の叫びです。
かっこいいです。やっぱしびれますな。
今までどれほどの人々を涙と共に奮い立たせたのだろう。
[PR]
by liar-basho | 2008-08-25 18:57 | DAISY IN THE U.K

一人ぼっち、恐れずに、いきようと、夢見てた。

帰ってキタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━ッッ!!!!

























帰ってキタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━ッッ!!!!



(帰ってきたので二回言いました。)










ついでに・・・・


b0099516_1223468.jpg



地球に生まれてきて、ヨカッターーーーーーー!!

(この画像を使ってみたかっただけです。)








旅先から帰宅しました。

イギリスの田舎というのは景色はとてもきれいでなごむのですが
なんといっても何にもありません。


というわけで毎日小鳥さんの餌のようなものばかり食べていました。
           (↑ミューズリーです)


はやく、おしょうゆ味のものが食べたいです。

最近の更新ではそんなことばかり言っていてすみません・・・。


そういえばようやくエキサイトブログでも
記事にyou tubeが貼れるようになったらしい・・・。

遅すぎるような気もしますが嬉しい。

ので私のお気に入りを貼っておきます。

胸キュンしたい人に見て欲しい。








言わずと知れた名作「耳をすませば」からの1シーンです。

この曲が好きだというのもありますが

この100%青春、100%純情可憐
なかんじが何回見ても心洗われるようで胸に沁みます。

なんてゆーか、
子どもの頃遊んで遊んで、さっきまではっきり見えてた友達の顔が
急に見えなくなってしまうように日が暮れて
おうちに帰る途中に角を曲がると
カレーの匂いが自分のうちからしてきて
嬉しくなって駆け出した

みたいな、そんな感じ。
全然違うかもしれないけどそーゆー懐かしい、
嬉しい方向の体と心で憶えている記憶のカケラって感じでしょうか。




あとは・・・
「天沢聖司」君の髪質最高。
 





以下私の萌えポイントを書いときますので
参考にして胸キュンしてみてください。




その1・・・40秒あたりで足でリズムを取り始める
聖司君。




その2・・・59秒あたりで振り返る雫ちゃんにウインク。


(*゚Д゚)ノち・・・中学生がウインクなんてするなよーー。

と憤慨してください。











その3・・・2分50秒辺りから・・
聖司君の髪質最高!!


その4・・・3分09秒辺りで髪を掻きあげるその聖司君の髪質最高!!










他の萌えポイント随時受付中というか、あったら教えてください。


DAISY
[PR]
by liar-basho | 2008-08-23 01:15 | DAISY IN THE U.K

残暑厳しい折と存じますが。

HUCKLEBERRYちゃん帰宅いたしました。

朝からポーランドのお土産話が止まりません。

英語は通じないそうです。


本来ならここでHUCKELBERRYちゃんの撮ってきた
写真です!

と載せたい所なのですが、
なにせ今カメラがないのでねーーー!!



さて戻ってきたHUCKLEBERRYちゃん
と入れ替わりに私が今日から少し
ロンドンを離れます。


お盆も終わりですが日本はまだまだとっても暑いようなので
どうかお体大切に、皆様
それではどうぞごきげんよう。

DAISY
[PR]
by liar-basho | 2008-08-17 21:54 | DAISY IN THE U.K

日差しあびて、ゆれるゆれる 朝の木立よ

ちぎれぐもが、冷たい風に吹かれて飛ばされてゆくロンドンより、
すっかり秋の気配が漂っていますが
どーゆーことなんでしょうかDAISYです。
こんにちは。

日本はお盆ですね。
あーお祭り行きたい。

丁度今こないだ古本屋で買った
「ロシアにおけるニタリノフの便座について。」
というものすごいタイトルの椎名誠さんの
エッセイ集を読んでいて
そこに
「まつりはいいなあ」
っていうエッセイがありましてね、それを読んでいたところなのですよ。

だから尚更お祭りに行きたいです。
ゆかたきたいーーー。

せっかく去年一人で着れるようになったのに、
もう帯をどうやって巻きつけるのかなんかすっかり忘れてしまいましたさ。

1・・・私って、覚えたり習得するのに非常に時間がかかるのですが
そんなに苦労して得た能力がすぐに消えてしまうのですがなぜでしょうか。
(例、外国のお金が不自由なく使えるようになる)

2・・・という訳で昔非常に苦労して結構ピアノが弾けるようになったのですが
もう全く弾けないのはどーゆーわけでしょか。

3・・・自転車とかスノボとか乗り方を一度覚えると何年か間があいても
それなりにすぐかんを取り戻すことが出来るのにどうして楽器にいたっては
そーゆー風にいかないのでしょうか。


どーしてなのでしょうか?

英語で言うと

WhY?





WHY?



(大変なギモンなので二回言いました)



とこんなことを考えていると
HUCKLEBERRYさんからお電話が。
ポーランドはどしゃぶりの雨だそうです。

毎日のように電話で話していたので
特に話すこともなく

( ´_ゝ`)「なんか、話すことないよねー。」
と私はだらけていたのですが

(つ´∀`)つ「そんなことないよ。たくさんあるよ。」

(つ´∀`)つ「例えばーそうだ、クイズにしよう。ボクは今何を着ているでしょうか?」


( ゚д゚)え・・・。なにそれ。
(特に興味がないm・・


しかし電話の向こうでワクワクしていそうな気配が伝わってきたので

( ´_ゝ`)「えー、あのさー、いつも着てる鹿のついた襟のおおきな私の
嫌いなシャツとチノパン。」

と答えると

(つ´∀`)つ「なんでわかるの?すっげーーーーーーーーー。」

と大感激。

クイズになってないし。



HUCKLEBERRYちゃんは襟の大きなシャツが好きなのですよ。
そして私はそれが嫌いなのです。
(豆知識


とにかく、そんなHUCKLEBERRYちゃんも
今日二週間の滞在を終えてポーランドから帰ってきます。
でも私が明日から一週間いなくなるのですが・・・。

今日はギネスビールを買ってきて久しぶりに二人で
乾杯です。

それにしてもこんなに寒くて、日中は恥ずかしがりやの
太陽が少しギラつくこともあってじっとり汗が滲んだりすると

ファッソンに困る。
オサレができない。

何を来たらいいいのか、よくわかりません。

現地の人々、若い女子達は

「今露出しなきゃ。」

という強迫観念でもあるかのように
うすら寒い中
今日もホットパンツにキャミソールで
元気よく歩いておりますね。


気持ちはわかるような、わからないような。
(どっちだよ



↓話題が変わります。(親切な線)
*************




HUCKLEBERRYちゃんが帰ってきたらデジカメ国際会議を
開かないと・・・。

写真が撮りたくてうずうずしているのだよう。

カメラを買ったらやりたいことがあるのですよ。




その1・・・私がこっちに引っ越してきてからチャリティーショップで購入した
数々の服を

「DAISYのこの秋のワードローブ☆」
 これがヘビロテ!





とかいって公開したい!

その2・・・「バッグの中身見せてください☆」

というタイトルでバッグの中身とか公開したい。

ちょっとCanCamみたいな、そーゆー特集をやりたいんですよ。


え?
ナンですか。
ダレですか。



お前は「CanCam」から一番遠いところにいるだろうとか
言った人ダレですか。

ロンドンに住んでいて他にとるべき写真がいっぱいあるだろう
という正論を言った人はダレですかーーーーーーーーーー。
(今週は本当疲れました。)


************
↑上とは話題が変わります。


まゆげの整え方、左右がちゃんと対象になるようにするには
一体どうしたらいいのか、
知ってる人は是非、ご教授願いたいです。


英語で言うと

プリーズ。




プリーズ。





(大事なお願いなので二回言いました。)

読み直してみたらひどい内容でしたが
更新したいのでします。
ぽちり。
[PR]
by liar-basho | 2008-08-16 18:54 | DAISY IN THE U.K

失言~08,08~

私の大好きなお友達の一人に、S山Mさんという人がいて
現在オーストラリアはメルボルン周辺を漂っていますが、(もう2年めかい?)

彼女が先日オージーに
「日本の何が恋しい?」
と聞かれて
「温泉。」
と答えてしまった、

ほんとは・・・ほんとはアタイ
日本のトイレが恋しいんじゃーーーーーーーーーー!
ああ、日本のトイレって言えたらどんなに楽だろう。
空気を読んで「温泉」なんて、
自分の心に嘘をついてしまった・・・
ああ、わたしったらバカバカ。

とこんな風に思ったかどうかはしりませんが
そんな話がありました。

そうなんですよね。
「日本食が恋しいー。」
とかだったら簡単にいえますが

「トイレ。」
っつーのはなかなか厳しいものがありますね。
しかもそれ相応の文明国にいる場合は殊更に。
私も幾ら恋しくても自分の心に嘘をつくと思う。
それは大人として必要なことだと思うよ。

やっぱりこう、その国の文化とか文明のようなものを
傷つけるようなことは言ってはいけないね。
とても大事なことですよね。

とその話を聞いて思ったのですが
今日!

お昼の時に
チリ人と後他に二人のイギリス人と話しながら食べていたのですが
チリ人のその人の奥さんはイギリス人なのですが
その奥さんがデザートを差し入れしてくれて
それがトラディショナル(伝統的)な
イギリスのあまーいお菓子で
私は

「うわー。初めて食べたけど、おいしーい。これはイギリスのお菓子なの?
 カントリーマアム?」

と聞きました。
(嘘です。カントリーマアム?とは言っていません。)

するとそこにいた二人のイギリス人が
「えっ!DAISYは今までこれ食べたことないの?」
ととてもびっくりしていたので

「初めて食べました。でもとってもおいしいよ。」
と言うと

二人が

「そうかあー。
やっぱ誰でも知ってるイギリスの食い物はフィッシュアンドチップスだけかあ。」

と言ったので

「あなた方は悲しくないのですか?」




ついうっかり!
口を滑らせてしまいました。

ってゆーか

本心が!


ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿



ぎゃーーーーーーーーーーーーーす。


きをつけてたのに!

気付くと二人が

「なんて言った?今あんたなんていった?」
という顔で私を見ています。

ぎゃーーーーーーーーーーーーー。
大失敗。

アメリカにいるときもあんなに気をつけていたのにーーー。

そのおかしがバターたっぷりだったので
私の口もすべりやすくなっていたようです。
(別にうまいこと言う必要ない)


二人とも、何を言ってるんだ、この小娘は、フィッシュアンドチップスの
何がいけないんだ、自分は毎日食べてるのに。

と思ったことでしょう。
ごめんなさいねーーーーーーーーーーー。でも本心。

これから気をつけます。
皆さんもきをつけて欲しいよDAISYです。こんにちは。
始まりの挨拶長くてすみません。

でもいろんな国の人と会ってお話しするのは
ほんと素敵ですね、楽しいです。

そのチリ人の彼は明日から三週間家族でチリに帰るそうですが
その彼の生まれ育った町が炭鉱で栄えた街で
よく地下にもぐったとか、そーゆー話は
本当に興味深い。

彼とはこの二週間ずっと一緒にペンキ塗ったり
大工仕事したりしていましたが
額に汗してひたむきに働く私を見て
(↑( ノ゚Д゚)自画自賛)

「ジャパニーズガールはほんとに力持ちでよく働くなあ。」
と感心してました、

という訳で、オーストラリアにいたときもそうでしたが
職場での日本人の評価はすこぶる高いです。
(今現在私を除いて他に三人います)
いつもにこにこしているし、控えめだし
嫌な仕事も頑張るし、
とにかくハードワーカーだと。
頑張っておりますな、皆さん。

まー日本人がみんなそーではないことは私にもよくわかってますが
一人で海外に来て頑張ってみようと思って働いてる
ジャパニーズはやっぱりみんなガッツがあって、
気合が入っているのではと思うのです。
私にとっては、会ったこと無くてもみんな仲間です。


(*゚Д゚)ノ納豆食えなくてもがんばろーぜ!
 抹茶チョコレートとかもないけれども・・・。

でもそんなことを書いていたら
今日、弟夫婦から日本食材の詰め合わせが届きました。


ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿


ひ---

切干!


 ひーーー


わかめ、ひじき、おふに海苔にお醤油!

そしてざらめのおかき。
 ひいいいいいいいいい


(↑喜んでいる


(注、実際のDAISYさんはひーひー言ってませんのでご安心を。)

素敵な食材が届いたので
今日は海苔わかめネギラーメンにおかきという夕飯になりました。

(*゚Д゚)ノ
ざらめのおかきうまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

海苔とわかめの饗宴!

はあはあはあ。
そしてビールがうまい!
(今日はドイツのビールです。)


実はですね、そのビールですが
今週はHUCKLEBERRYちゃんがポーランドから帰ってくるまで
飲まないぞ!と(あやふやな感じで)決めていた私でしたが
パッケージを開けて海苔を見た瞬間、


 「そうだ・・・ビールを買いにいこう。」


とおもいたってしまいまして、
海苔を・・・
海苔を肴にビールを飲もう・・・
と思い立ってしまいまして

仕事の後にビールを買いに
近くのワインショップに
急いだわけです。

そこのワインショップは私よくいくので
よく店頭にいるおっちゃんとは
仲良くなってたのですが

(そのおっちゃん、いつも私にいろんなワインを勧めてくれるのですが
うんうんうん、そっかーと聞きながら
いつも一番安いのを選んで買ってくるDAISYさん)

今日は美人のおねーさんが店頭に出てました。

そいでゴトリとビールの束をレジに置くと
その前にワインを買ってた明らかに私より年下の
おんなのこには年を聞いていなかったのに

「失礼ですけど、お幾つですか。」
と聞かれた。

またか・・・・。

また、私が、未成年に見える、年齢確認重要無逃時間かーーーーーーーーー!
と思いました。

今日はそれを想定していた私は( ←。・゜(ノд`o)゜・。悲しいよ。)
パスポートを持参していたので
それをおねーさんに見せて

( ´_ゝ`)「これこれこーいうわけでね、私はもう三十歳なんですよ。あえて
年はいいたくないんですけれどもね。椎名林檎さんと同じ年なんですよ。だから
なんか彼女が私達の代弁者のような気がよけいにしてしまうのですけれどもね。」

と説明すると
彼女はごめんなさい、ごめんなさい
と謝り

それにしても日本人の女の子は若いなー。
ヤングでフレッシュでとっても羨ましい、
本当にその年には見えないわ
何か秘訣があるの。

と聞いてきたので

( ´_ゝ`)「いやあ、これでも私最近白髪が目立ってきて・・・。」

と言ったらすんごいひいてました。
あーいう場合はどーすればいいのだろう、無難に
野菜とか魚とかいっぱい食べればいいよ!
とか元気に言っとけばいいのでしょうか。

とにかく海苔とビールのお陰ですこぶる気分が良いです。
今日はこの後HUCKLEBERRYちゃんが電話してくるので
その電話を待ちながら読みかけの小説を読もうと思います。

DAISY
[PR]
by liar-basho | 2008-08-14 02:27 | DAISY IN THE U.K

ロンドナーの休日。

昨日は一人でおうちから徒歩一時間くらいの
繁華街(?)に行ってきました。

週末だけオープンする古着屋さんが目当てで行ったのですが
なかなか素敵なお店で嬉しかったです。

私は英語が話せないのと同時に地図も読めないので
(堂々と告白することではない)

目的地に一人で辿りつけるかどうか
不安だったのですが
人に聞きまくってなんとかたどり着きました。
(5人以上に聞いた)

コミュニケーション能力だけは備わっていて非常に助かったと思う次第です。

古いロックのレコードがかかる店内で気付いたら三時間も
いろいろと眺め続け、
結局
1ポンド(200円くらい)で小花柄の小箱と

2ポンド(400円)でト音記号の形をしたピアスと

3ポンド(600円)で黒地にチェリーとかストロベリーとかちりばめられてるAIKOが好きそうな(?)スカートを買いました。

夢中になってみていたのでHUCKLEBERRYちゃんは来なくてよかったかも。
でも大体いつも辛抱強く待っててくれます。
でも流石に三時間はながかったね。


そこのお店でたくさんアンティークのポストカードが売っていたので
何枚か購入し、近くのこれまた古いロックが流れる
カフェでワインを飲みながらお友達にお手紙を書くことに。

海外からのポストカードってもらうととっても嬉しいのです。
私は。
なので私も一人ひとりの顔を思い浮かべながら
そして日本にいる、わかめとか、豆とか、こんにゃくのことも
思いながら一人ペンを走らせるのです。

私はキーボードを打つのは遅くはないのですが
自己流でやってるためブラインドタッチはできません。
その点、大学でびっちりタイピングクラスをとったHUCKLEEBERRY
ちゃんはキーボードを一切見ずに、非常に速い速度で
打ち込んでいきます。
ちょっと羨ましい。

とにかく、私はキーボード入力も嫌いではないのですが
やっぱり手書きも好きです。

書かないと漢字書けなくなってしまうしね。

赤ワインをもういっぱい頼んで
読みかけの本を読んでるとおなかがすいてきたので
気付いたら2時でした。

のでナスとマッシュルームをグリルしてチーズとはさんだ
パニーニを食べながら
更に読み進んでいたのですが

カフェの外は突風吹き荒れていました。
その空気を見るだけで足元が寒くなってきます。

昨日はジーンズにカーディガンにマフラーに
帽子も被っていたけれど、まだ寒かったです。

私の全体的な印象としては
どこもかしかもピカピカだったアメリカに比べて
古いというのももちろんあるのですが
そんなにきれいではないイギリス。

まだきたばっかりなのでなんともいえませんが。
まあ、それがナチュラルなのかもしれませんが
飲食店のトイレなんだからもう少しキレイに
しましょうよと思うことが結構あります。
(高めのレストランとかでも)

少しずつ色んなんことになれてきました。
今日はこれからソーホーの古本屋さんに行ってこようと思います。

本日も、長袖日和、DAISYでした。
良い週末を過ごされましたか。
[PR]
by liar-basho | 2008-08-10 18:02 | DAISY IN THE U.K