ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

<   2008年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

お誕生日に俳句を詠んでくれたHUCKLEBERRYちゃんでした。

昨日はおやすみだったのでHBちゃんが

[何でも好きなことをして良いですよ。お誕生びのお祝いです。]

と言ってくれ
ふたりでおでかけしました。
映画[ノッティングヒルの恋人]
の舞台になったノッティングヒルゲートってところにでかけて
素敵な古着屋さんめぐりや
アンティークショップをみた後は

ソーホーのバーでスパークリングを開けて
景気よくお祝いし

その後は場所を変えて高級イタリアンレストランで食事しました。

おなかがいっぱいになったあとは
ハイドパークで寝っ転がりながらビールを飲んで
とても楽しい1日でした。

えっとカメラが病気なので写真がないのが非常に残念ですが
すみません。




その日がHUCKLEBERRYちゃんと一緒に過ごせる唯一のおやすみでした。
そう、来週から仕事の関係であたしたちは3週間もはなればなれ。

いちいち
[日曜日の夜は最後の晩さんだね。]

[お別れ会だne。]

[私のこと忘れないでね。]

などと私がいうので

[悲劇のヒロインぶるのはやめなさい。]
と怒られました。

その離れ離れの3週間の間に独立心を
養い、もっと三十歳らしい大人になれるように取り組みたいと思います。
[PR]
by liar-basho | 2008-07-31 15:04 | DAISY IN THE U.K

お誕生日 in the U.K

三十路になりました。


朝起きてみたら、パソコン壊れてた。

nandeeeeeeeeeee!!!
。・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん



どどどっどーーーしようかーーーーーー。


激しくどうしょうとどうようしてしまいました、
というか今も引き続き、している。



という訳で三十年も生きてきたのに全く
[落ち着き]というものを自分の中に見いだせない
DAISYですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

それにしてもパソコンどうしよう。
カムーシーファスも心配だし。

みんな病気だー。

(小声で)

ちょっと日本に帰りたい。。。
[PR]
by liar-basho | 2008-07-29 20:00 | 徒然DAISY

アルコール分9パーセントビールの真実。

物価が高い!
以前も書きましたが本当に高いです。

ふとハーゲンダッツの小さいカップ見てみたけど
日本円で350円くらいでした。

日本より100円くらい高いですね。
日本にいるときも
私はセールで198円の時にしかほとんど買わないので
150円くらい高いことになります。

飲み物とかも二倍位することがあるので
常に前のめりで暴走がちな私も尻込みしがちです。

アルコールも日本と比べると同じくらいか若干高め。
ワインなんかは流石に土地柄安いこともあります。

イギリスにいる間に飲めるだけヨーロッパのビールを
飲みましょう
と話している私達です。

こないだは仕事の後に近所の小さいお店で
ビールを買ってきました。
このロング缶は一本300円くらいでした。
日本だとどれくらいするんだっけ?
一本。
ロング缶は
常に発泡酒ばっかり買ってたので本物のビールの
値段が思い出せません。。(´Д⊂)うぅ・・・。

そのうちの一本が

「オレはアルコール分9パーセント!」
と言ってたのでちょっと試してみることにしました。
普通のビールが4~5パーセントだからそれから考えると
随分高めですね。

b0099516_23374194.jpg


おうちに帰って飲んでみました。

二人で一口ずつ飲んで


( ´_ゝ`)
(つ´∀`)つ





「まずううううううううううう!」

と絶叫。

( ´_ゝ`)「後は飲んでいいよ。」

とHUCKLEBERRYちゃんに押し付け
中ほどにある白いやつを飲んでみました。



b0099516_23371972.jpg


そしたらそれが驚くことに


( ゜з゜):;*.’:;サイダーーーーーーーーーーーー!






サイダーでした。
ビール売り場に普通においておかないでもらいたい。

もう一本のビールを飲んだのですが
私はすっかり酔ってしまい先に寝ました。
HUCKLEBERRYちゃんはいやいやながらその
ビールを終わらせ就寝。

翌朝顔をしかめながら

(つ´∀`)つ「タイランドの悪夢再び・・・」
と呟いておりました。
またもやポイズンビールだったようです。

一本でこんなになってしまうのですから恐ろしいではないですか。
現地のビールに慣れるのにもそれなりに
月日と努力を要するわけです。




話は変わりますが
タイから帰国したのが四月の終わり。
そしてその時に故障したデジタルカメラ
通称「カムーシーファス」
は二週間の入院の末、大金(1万6000円くらい)
払って退院して
めでたく全快。
アメリカ滞在中はすこぶる元気でしたが

先日再び大病にかかってしまいました。



はっきりいって又故障しました。





。・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん

ピカデリーサーカス周辺を歩いていた私達。
観光客でごったがえす歩道で後ろから誰かに押され
そのはずみに手からカムーシーファスが
道路に落ちました。
でもね、そんなに強い衝撃ではなかったし
何よりきちんとカバーされていたのです。


なのにそれなのに
電源入れると真っ暗!
ちゃんと作動はするのですが写真は撮れなくなってしまいました。

カムーシーファスをどうしようか現在考え中です。
写真は撮りたいし、でもここでの入院費用はべらぼうに高そうだし、
かと言って新品購入して日本に持ち帰った時に
コンセントが違うと不便だし。

さてさて・・・。

それにしても私が所持している(私にとって)高級な電化製品は
何故かすぐに壊れてしまいます。
イギリス滞在中にこのパソコンが壊れないことを願うばかりです。


それでは皆様またのちほど。ごきげんよう。
[PR]
by liar-basho | 2008-07-27 23:37 | DAISY IN THE U.K

おいしいビールとまずい料理の相互関係、偽らざる真実。

HUCKLEBERRYちゃんとパブにいってきました。

カウンターのところにあるあの、ロゴのついた蛇口のところから
なみなみとビールを注いでもらって、くーっと
きゅううっと頂きます。

日本のビールがラガー製法なのに対してイギリスのビールは
一般的にエール製法なのです。
(でも違いはよくわかっていません。私には。
ちょっと言ってみただけです。
ラガーってなに?エールってなに?)

でもね、コップの上のところにたまっている真っ白な泡が
日本のビールとちがって、さらさらしていない。
それがエールのエールたる所以なのでしょうか。

しっかりとした「意思」のようなものが感じられます。
彼らには。

ただ漂っているというわけではなくて、
「泡には泡なりの人権があるのです。それを主張します。」
といってるような泡です。

そして実際それを喉に流し込むとですね、
ものすごくクリーミーで思わず噛めてしまうのではないかと思うほど。
こっくりしています。
「んまああああああああ。」
と心の中で言いましょう。
声に出してももちろんいいです。

私は小さくため息をつきながら
「んままああああああああああ。」
と呟いてみました。


その日は「カリビアンナイト」ってことで
何だか知りませんがドレッドのおっちゃんたちが
陽気なカリビアンミュージックを奏でていました。
私の住んでる地域には何故かでっかいカリビアンコミュニティーがあり
ジャマイカ人がたくさん住んでます。
おっちゃんたちの音楽とクリーミーで優しいビールと
そして重厚な歴史あるパブ。

こーゆー、「音楽」「アルコール」「雰囲気」
と三拍子揃ってしまうともう私が幸せにならないわけはないのであって
やたらと嬉しくなってしまいごくりごくりと久しぶりに喉を鳴らしました。
喉仏が忙しがっていました。

夕飯を軽めにしか食べていなかったわたしたち。
料理を注文したのですが
(冷凍の)フライドポテトと(冷凍)のグリーンピースが
出てきてまあ、注文したから出てきたのですが
そしてそれがおそろしくまずくてですね、
二人で

( ´_ゝ`)
(つ´∀`)つ

「まずううううううううう。」



と言って今更ながら悪名高きイギリス料理のその噂の
真髄に触れたのでありました。
(言っとくけど本当にまずいよ。)

フライドポテトがしんなりしててぱっさぱさ。
どうしてしんなりしてるのにこなっぽいのか!
矛盾してるんじゃないのでしょうかと思うのですが
私にも理屈がよくわかりませんがこう
理屈を超えた何かがあるのでしょう。
そう思わないとお金を払えないほどおいしくなかったです。
大体フライドポテトがすんごいまずいっていう
意味がよくわからないのですが・・・。

アメリカで散々まずいものを食べ続けてきたと思っていた
私ですが上には上がありました。

サッカーのことばかり考えていないでおいしいものも食べてもらいたい・・・。
グリーンピースにいたってはあんまりそのグリーンピースがしわしわなので
かわいそうになってしまった次第です。

アメリカにいるときにインテリア雑誌だとか料理の本を
あさるように読んでましたが
写真がみんなとってもきれいなのですよね。
盛り付けとかもお洒落だし、参考にしたいなと思うことがたくさんあって
メモしたりしました。

ところがですよ、
今ここでいろんな料理の雑誌を見てるのですが
日本の「オレンジページ」とかそーゆー系の。

既に写真がよろしくないのです。
料理雑誌の写真の料理が美味しく見えないってどーゆーことなのでしょうか。
経験したことのない未知の世界にDAISYさんショックを受けました。

ビールがおいしいのは、この「まずい料理」という現実から
目を背けてアルコールでそれを忘れようとしているからなのではないか
と思えるほどです。

とにかくそんな訳で諸外国から訪れる幾多の人々はその衝撃の事実に
悲哀と落胆の色を濃く滲ませ、しかしそのうちに
懐かしき故郷の味を再現すべく努力を重ねるようになるのです。

という訳で私のようにこの悲惨な食生活状況を嘆いている人々は
数知れないと思うのですが、そのうちのひとり、
私の同僚のインド人の女の子がお気に入りの
インド料理屋さんにつれってくれました。
(HUCKLEBERRYちゃんは仕事のため行けず。残念でした。)

ナンとかサモサとか大好き、よくわかってないんだけど、とにかく
インドのカレーが好きなんです!

という私は初めてインド人に色々説明してもらって本当によくわかって、

嬉しかったですねーーー。

今回はほうれん草とチーズのカレーを食べました。
いつもはナンと食べるのですが今回初めてチャパティーを食べました。

うまああああああああああああああ。
チャパティーは、薄い薄いパンケーキのようなもので
味はあんまりしないのですがこれを手でちぎって
カレーに絡めて食べます。
カレーは最初は甘さを感じるのですが喉を通った後に
じいんと辛さが舌に染みわたってきます。
ちょっと固さのあるチャパティーと、
とろりとした
刺激的なカレーの食感の違いが
口の中で
「センセーショナル!」
と叫びながら動転します。

あまりにもおいしすぎて無言で食べました。
彼女もなんか名前忘れちゃったけどすごいおいしいの食べてました。

イギリスに来たては英語もろくに話せず、
インディアン料理のお店がどこにあるのかもわからず
毎日味のしないマッシュポテトを泣きながら食べていたという彼女。


。゚(゚´Д`゚)゚。
ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ


なんて悲惨なのでしょうか。
こんなにおいしいものを毎日食べているのだから
ここの食生活に耐えられず故郷が恋しくなり逃げ出したくなったという話も
心から頷けるのです。

彼女オススメのインドのデザートも頂き久しぶりに心の底から
「おいしい」ものを食べたという感慨にふけりました。

イギリスで一番美味しいのはイギリス料理以外のものだとは
よく言われていることですがこれはもう
動かしようのない事実でありました。


彼女に「インディアングロッサリー」ショップに連れてってもらいました。
インド食材のお店です。

「家が恋しくなると私はここに来るの。こうやってインドの食材を
眺めてると癒されるの。」
と言っておりました。

もっと仲良くなって
いつかこーいうスパイスの使い方も教えてもらいたいDAISY
なのでした。


b0099516_20402618.jpg


インドのスパイス。
カラフルだー。
こーいう香辛料が絶妙なバランスで混じってるから
あーいう奥深いうまさがでるのでしょうな。


b0099516_20414630.jpg


早くまた行きたいです。
[PR]
by liar-basho | 2008-07-26 20:42 | DAISY IN THE U.K

OH!MEN!

私は椎名 誠氏の文章が好きで、彼の書いたものを読んでいると
幸せになったりするものですが

麺が大好きな椎名さんが日本一の麺を決定するために麺の甲子園っつーのを
開催してます。[歌もあるよ。椎名さん作詞の
日本全国を駆けずり回って自分で全部食べて
一番を決めようというところがなんとも彼らしい。。。


そのブログがあるのですが



その
[各地レポート]ってところに
写真が散々のっているのです。

昨夜それを見ていたら

もう本当にたまらなくなりました。

ざるそばとさぬきうどんが食べたいです。
シャキシャキもやし入りのラーメンをすすりたいです。

あーーーーーーーーーーーーーー!


麺の甲子園ブログ面白いです。
ぜひチェックしてみてください。

そして冒頭の開会宣言を読んでみてください。
なぜ私が彼の文章が好きなのかお分かりいただけるかと思います。


ああ、これを書いている最中にもつばがたまってきました。
[PR]
by liar-basho | 2008-07-24 15:32 | 徒然DAISY

アンティークの花瓶が欲しいお部屋です。

私達の住んでいる部屋です。
大きな家の三階なのでなんか、塔に住んでいるような気分です。

b0099516_21255726.jpg


まだ住み始めたばかりなので殺風景ですが。
天井が斜めになってるところが好きです。

b0099516_213147.jpg



屋根裏ではないのだけれどちょっとそんな雰囲気があって気に入っています。

これが窓からの眺め。


b0099516_21262067.jpg


そして壁を見ると、ふと見てみると・・・。


b0099516_2126435.jpg


なんかこう見慣れた風景がそこにあるではないですか。



拡大図



b0099516_21273272.jpg




山男HUCKLEBERRY手ぬぐいU・K入り!

ああどうしてこんなに本物に似ているのだろうか・・・。
まるでHUCKLEBERRYちゃんがそこに佇んでいるかのようです。





皆様がひとしきり笑ったところで本題に戻りまして・・・。

なにせすごい古い家なので色んなところが様々な様子で
(なんか変な日本語ですね、すいません)
壊れています。

b0099516_21294976.jpg


これがおうちの外観。
私達は一番上の部屋に住んでいます。


部屋のすぐ隣のトイレは普通に流しても流れないので
ちょっとしたテクニックがいります。

軋んで(きしんで)しまったドアを閉めるのにも
コツがいるし、
古い宝箱の鍵のような鍵を使って、
玄関を開けるのは今でも何度もやり直さないと開きません。

不便なことがたくさん。
でもそんなことがあっても私はきんきんきらきら、
ピカピカの新品よりも年を重ねてきた
古いもののほうが好きです。


そんなことを言ってられるのも、
もしかしたらお部屋が雨漏りするまでかもしれませんが・・・。



お家の前で。
七月の半ばに到着したというのにものすごく寒い日があります。
カーディガン着て、マフラー巻いて・・・。
それでも寒い日がありました・・・。

b0099516_21291810.jpg

かと思えば、次の日は暑かったり。
でも暑いといっても日本のようには暑くありません。
せいぜい25度くらいじゃないのかな。
非常に過ごしやすいです。
でもこれが本当の夏なのかと心配になってしまいますが。


DAISY
[PR]
by liar-basho | 2008-07-23 21:53 | DAISY IN THE U.K

ロンドンを観光してきました。

お久しぶりです。
皆様お元気ですか。
私もHUCKLEBERRYちゃんも二人とも元気でやっております。

インターネットのシチュエーションがどうにもこうにも
思わしくないため、なかなか更新が出来ません。

この後状況が変わるかもしれませんが
週に一度か二度くらい、細々と続けていけたらいいと思います。

何せ私はブログを書くのが好きなので・・・。

さてさて
先週のお休みに市街地へ行ってきました。

私達が住んでるのは中心街から車で30分弱のところです。
有名な二階建てバスに乗って

( ´_ゝ`)「ひゃっほーーーう。」
と叫びながらお出かけしました。
(本当に叫びました。)

その日は薄墨を流したような空の色で
雲が低く立ち込めていて
何とも陰鬱な天気でした。

普通だったら
ちょっとなんか気が滅入ってしまうよね
というお天気なのですが
そんな天気ですら私のこの昂ぶった気持ちを
ぽきりと折ってしまうことは出来ず、

何度も聞いた、ウエストミンスター寺院や、ビッグベンなんかが
視界の端に写ると

「うーん、この荘厳な景観にはこのくらいの薄暗い空の色がしっくりくるものですな。」
と一人感心したりするのでありました。

前回の更新でも触れましたが
それにしても物価が高いのです。
日本から来た私がそう感じるのだから他の国から来た人はどう感じるのでしょう。
きっともっと
「物価が高いなあ。」
と思っていることでしょう。


外食をしたいにも色々と躊躇をしてしまうお年頃。(もうすぐ三十歳)
細々としたものを買うにも、躊躇をしてしまうお年頃。(もうすぐ三十歳)

アメリカで湯水のようにお金を使いすぎたツケがまわってきました。
(嘘です湯水のように使えるほどお金持ってません)

街を歩くと必ずそこら辺のバーやカフェに入って
ワインを飲みたくなってしまう私たち。

テムズ川のほとりを歩きながら
( ´_ゝ`)「乾杯したいね、ヨーロッパ生活が充実したものになりますようにと。」
(つ´∀`)つ「そうだね。そうだね。」
とリーズナブルなお店を探したのですが

大体ワイン一杯一番安いので800円くらい
その後は限りなく高くなっていくその様子を
見て

( ´_ゝ`)
(つ´∀`)つ



しばし佇み無言でそこを後にしました。

こーいう場合、
どちらかが

( ´_ゝ`)「イエーイ。毎日がホリディ!」

とか

(つ´∀`)つ「 やりたいことやっちゃえばいいんだよ。」

とか言って後悔しなければいいじゃん的な流れで
じゃんじゃんお金を使ってしまうのですが
(嘘です。じゃんじゃん使えるほどお金持ってません)


その日は二人とも



静かに・・・うちで飲もうか。


という風に落ち着いたので相当お財布の紐がきつくなっております。


いいことなんだけど、
でもやっぱり素敵なバーでお酒のみたいじゃない。

いつか飲もうと思います。


b0099516_21425621.jpg



えっとどこだか忘れましたが中心街です。(最悪な説明)


b0099516_21434059.jpg



さすがに古い。
歴史の都ですな。


b0099516_21442025.jpg



これは多分国立美術館。多分。自信なし。



b0099516_21451158.jpg



テムズ川です。

午後二時にしてこの雲の色。


b0099516_2146189.jpg



これが私を感動させた空と風景。
なんかそのまま映画のようです。

この日は冷たい風が吹いていたので
なんか、厳かなクラシックかなんかが似合いそうな
なんというかこう本当に歴史を感じさせる風景でした。



b0099516_21475099.jpg



名物ダブルデッカーバス。
ちょっとまだ乗り方が微妙です。

b0099516_21483969.jpg



バスからの風景。
本当にヨーロッパにいるんだなあと感じておりますDAISYでした。
また書きます!!!!
[PR]
by liar-basho | 2008-07-23 21:49 | DAISY IN THE U.K

夕暮れロンドンより。初のDAISY IN THE U.K

無事にロンドンにつきました。

わたしたちは 二人とも1年のビザを持っているとはいえ
片道切符しか持ってないので
入国拒否されたらどーしよっか。そしたら
困っちゃうよね

と話していたのですが

入国審査のお姉さんは

[夫婦でロンドン1年間?エンジョイしなよね!]

とガチャンコガチャンコビザにはんこを押してくれました。
ほっとひと安心。

税関はあるんだかないんだかわかんないような感じで
あっと言う間に入国してしまいました。

今日から働き始めています。

まだ勝手が分からないのでおろおろしていますが
そのうち慣れるでしょう。



アメリカをふた月ほど旅してきた私には
この歴史の都は
すべてが アンティークに見えます。

本場なのでもちろんガーデンも
素敵です。
古い古い煉瓦作りの家が建ち並んで
季節の花が色とりどりに咲き誇っています。

今はネットカフェからなので写真が載せられないのだけれども
住んでるオウチでワイヤレスインターネットが
使えるようなのでそのうち写真も載せられると思います。

でも空港で変圧器を買うのを忘れたので

手に入れるのに少し時間がかかるかも。。。



昨日は私もHBちゃんも長旅でぐったり。
二人とも12時間ほど寝ました。

お陰で時差ぼけも解消されたのか今日は眠くなりませんでした。
新しい人々と新しい出来事が次次に降り懸ってきて
しばらくは大変かと思いますが
がんばりますね。


それにしても今日のミーティングで知ったのだけれども
イングランド(連合王国のほかの国のことは分かりませんが)
は健康保険が無料らしい。

素晴らしいシステムだと思います。
ここに来る前に
ロンドンは物価がめちゃくちゃ高いよ。
といろんな人から聞いていたのですが

高いです、たしかに高いですが
医療費が無料となれば話は別だよなあ
と思った次第です。
外国人の私も無条件で無料らしい。
(もちろんそれ相応の手続きを踏まなければならないらしいですが)
ありがたいお話です。


アメリカは医療費がべらぼうにたかく、保険も民間の保険に加入せねばならず
こないだ歯の調子が悪くて

歯医者で応急処置をして実費支払いを済ませたばかりの
HUCKLEBERRYちゃんはいたく感激しておりました。

こんなことならここに来る前にあんな変な
海外旅行保険なんてかけなければよかった。。

と後悔しても遅いですが。
病気はしないにこしたことはないですが
人間だれでも調子を崩すことや事故に会うものです。
皆さまもどうぞお体大切に。
また後程。
御機嫌よう。


DAISY
[PR]
by liar-basho | 2008-07-16 03:54 | DAISY IN THE U.K

というわけで。。。

明後日旅立ちます。
次回はロンドンからお送りします。

DAISY IN THE U.S.A
も多分これが最終回だと思います。

それでは皆様御機嫌よう!





b0099516_22383.jpg



DAISY

ああードキドキしてきたーーー。
ほぼ4カ月ぶりに社会復帰です!!
[PR]
by liar-basho | 2008-07-11 22:05 | DAISY IN THE U.S.A

ボートライド!

HBママのお友達にボートにのせてもらいました。

この夫婦もお金持ちでして、どんくらいお金持ちかと言うと
お城のような家に住んでいるくらいお金持ちでした。


b0099516_971083.jpg


夕暮れ時で素敵でしたよ。


b0099516_97406.jpg


HBママのお友達は水上スキーをしてました。
趣味で子どもの頃からやってるそうです。



b0099516_99358.jpg


HUCKLEBERRYちゃんは何度か運転したことがあるらし
スイスイ運転しておりました。



b0099516_983878.jpg


このご夫婦が結婚三十周年ということで
ボート上でシャンパンで乾杯。


b0099516_9101686.jpg



シャンパンを飲み終わった後も、ビールを飲み続け
ボートの揺れで完全に気持ちよく出来上がってしまったDAISYさん。


この川は片側がルイジアナ州、片側はミシシッピ州だそうです。
州境なのですな。

私が
この川はミシシッピ川でしょ。
というと
HUCKLEBERRYちゃんは

(つ´∀`)つ「ちがうよ(ーーーー)かわだよ」

といってましたが難しい名前だったので忘れてしまいました。

( ´_ゝ`)「でもブログにミシシッピ川って書いてもいいでしょ。似たようなものでしょ。」

と言うと

(つ´∀`)つ「違う川なんだからうそかいちゃダメ!」
と言われました。

こーいう私の性格が人生の様々な局面において
重大なミスを誘発させていることをわかっていただけるでしょうか。


とにかく・・・・


後数日でイギリスにたちます。
まだなんにも準備していません。

心の準備も出来ていません。

ようやく働き始めます。
新しい土地と新しい人々、


胸が高まりますなあーーーーー
[PR]
by liar-basho | 2008-07-10 09:15 | DAISY IN THE U.S.A