「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

アパートの窓から流れる雲を見ながら。

金曜日の朝、ドイツはフランクフルトの近くの歴史ある
小都市、マインツよりお送りしています。

こうして更新できるのもバーバラちゃんのパソコンの
おかげなのですが、これはマックだからできるのですね。
私はコンピューターに全く疎いので
なんとも言えませんが
マイクロソフト社のパソコンは他言語をダウンロード
しないと読み取ることができないようなのです。

そのため、他人のオウチでパソコンを使わせてもらっても
日本語が表示されずに四角が画面にずらーっと
並んで出てきます。

その画面をみると空しくなりますよ。


最近はどこの空港でもちょっとしたインターネットアクセスポイント
があって
ちょこっとメールチェックできるので大変に便利ですが
イギリスから飛び立つ前にそこのコンピューターで
メールチェックしようと思ったら日本語表示されない。。。

国際空港なのに、そしてお金取ってるくせに他言語表示しないなんて何事じゃあー
ととっても悲しかったです。


そしてここにきてもまさかブログ更新できるとは思っていなかったのですが
バーバラちゃんのパソコンは日本語大丈夫でした。
いやあ有難い。

まあキーボードがドイツ語仕様だし、アルファベットの位置が少し違ったりするのだけれど
まあまあ、何とかなるものです。
でも時々表示されるドイツ語がもちろんまったく意味不明なので
たまに冷や汗垂らしながらうってるわけですけれどもね。

さて、ドイツといえばビール!
な訳で

昨日は午後街にある小さなビール工場とその隣に隣接されている
パブに行ってきました。
写真は帰国後にまた載せますね。

できたてのローカルビールを飲みながら
バーバラちゃんと途中から合流してきた
バーバラちゃんの友達の男のこと
色々な話に花が咲きました。

彼は数日前に南米を巡る大旅行から帰国してきたばかりで
毎日サーフィンしていたのに、この石畳の
底冷えする街の寒さにまだ全く体が馴染んでいないらしく
ものすごく寒そうでした。


色々な話をしたのだけれど、バーバラちゃんは

;特に詳しくはないのだけれど、私は歴史を感じる風景が好き。ヨーロッパには
どこにでもそういった古い建物が残っているでしょう。

-私がシドニーにいた時に一番恋しかったのはそういう古い町並みや
歴史が根付いた文化なんかだったなあ。;

と言っていたことがとても印象に残りました。

お友達の彼には私が

どこに行っても必ずドイツ人の旅行者にたくさん会うけれど
どうしてドイツの若者はそんなに外の世界に出ていくのだと思う?
そしてみんな本当に英語が上手だよね。本当に羨ましいです。

と言うと彼は


いろいろ話してくれたのだけれど、そしてそれもとても印象に残ったのだけれど
これからでかけるらしいので続きはまた次回。

街の中心の広場で開かれる朝市に行ってきます。
昨日、週末はどうやら初雪になりそうだよ
と人々が話していましたが、雪の降る前の冷え込み、
1年ぶりにその感覚が戻ってきました。

寒いです。でも心はとってもおだやか、温かい気持ちです。


それではみなさままた後程。良い終末をお過ごしください。


DAISY
[PR]
by liar-basho | 2008-11-21 16:53 | ドイツ der 喜色満面
<< ドイツで喜色満面記―プロローグ... Thursday mornin... >>