ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

アメリカ大陸爆走記ーつむじ風吹くグランドキャニオンにて地球について考えたDAISYさんー編

ニューメキシコを出発してほどなく、アリゾナ州に入った私たち。
この辺りから風景がドラマチックに変わり始めます。

相変わらずの砂漠続きですが
道の両側に大きな山が現れたり
土の色が赤くなったり.


風景は変わり始めても食事内容は変わることはなくて
その日の朝食は

デニーズで、ブレックファーストセットを頼んだのだけれど
それが

[パンケーキとビスケットとハッシュブラウン]

というもうものすごい炭水化物とあぶらっこいものだったので
最初からお昼の分もと思って注文して
半分以上残して後はお持ち帰りしました。

アメリカの食事は信じられないほど多い時があるけど
こうやって持ち帰りができるのがよいよね。

日本でもできれば良いのにと思うのだけれど
食中毒の関係とかいろんなことできっと無理だろな。

でも日本のレストランで出されたものはいつも
ペロリ食べてしまう私ですが。

朝ご飯の残りのビスケットとハッシュブラウン
をお昼に食べながら、
随分遠くまでやって来たなあという感慨にふけりました。

それにしてもアメリカは広い。
広すぎるのです。

荒野を何日もかけてぶっちぎってきて
それが実感として体に刻み込まれました。




さて、いよいよグランドキャニオンに近づいてきました。


b0099516_2061319.jpg


風景もこんな風。

でも更にそこから1時間ほど走って
国立公園に到着。
入園料は2500円くらいだったかな?

私たちは時間がなくて少ししかいられなかったのが
残念でした。
本当はハイキングとかしてみたかったな。


そしていよいよビューポイントにたつHUCKLEBRRYちゃんとあたし。

風が強いです。
渦のようにくるくるまいて下から吹き上がってきて
高度のあるビューポイントに立って
崖を見下ろしてると足元がすくわれそうで
ちょっと怖い。


b0099516_2010770.jpg


うーん。
地球って。。。


地球ってすごいなあー。

と思ったDAISYさん。



b0099516_201139.jpg


こんなところまで、連れてきてもらって幸せだね。
とDAISYさんに言われる中、
頼んでないんだけど
と恐怖におののくダルーシーファスJr。

私が制止するHUCKLEBRRYちゃんを振り切って
Jrに声をかけながら写真とってたら

近くのアメリカ人に

[COOL!]
いいねー!


といわれました。

HUCKLEBRRYちゃんは私のこういう行動がとても恥ずかしいらしい。
ごめんね。

でも、毎日毎日、炭水化物ばっか食べてただ車に座ってただけの
私は目の前に急に開いた
この荒々しいけれども神秘的な大地、たけりさけぶ風の中で
異様に興奮してしまい

私は今、生きているんだ!
そしてこの大地に立っているんだ!

という気持ちになり,
なので写真がこんな感じで
喜びに満ちあふれていますが
気にしないでください。



b0099516_20183489.jpg


風が体に巻き付いてくる。
大地から生まれたての風が。
気持ち良かった。


b0099516_20195740.jpg


ずっと散歩にいっていなかった犬が
ようやく、外に出してもらえた
時のような興奮状態のDAISYさんでした。








b0099516_20244670.jpg



その日の夕焼け。
(もちろん泣きました)


旅は終盤。
もうすぐカリフォルニア州。
そして目的地サンフランシスコです!!
[PR]
by liar-basho | 2008-06-21 19:55 | DAISY IN THE U.S.A
<< 今度の旅は。 アメリカ大陸爆走記ー純愛!IN... >>