ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

アメリカ大陸爆走記ー旅の始まりー編

いよいよトレーラーに乗って出発した私たち。

ニューオリンズの町中は道がかなり狭いし交通量も多いので
ちょっと怖かったのですが、高速道路に入ってしまってからは
HUCKLBERRYちゃんも運転の要領を得たようで
大分落ち着いてきました。

それにしても大型トレーラーの多いこと。
みんなよくあんなに大きな車運転できるよなあ。

すんごい長い荷台に家(!)を乗せて運んでる車もしょっちゅういて
何がなんだかもうびっくりびっくり。





b0099516_2121957.jpg



これが私たちが運んだトレーラー、
実際に見てみるとかなり長いです。

でも結構走ってます。
みんなこれで荷物を運んでます。
でもバックができないので駐車の時が一番大変かな。
場所をよく探してからじゃないとね。
HUCKLEBRRYちゃんは

[僕はこれは日本では絶対に運転できないよ。]
と言ってました。
そりゃそうだ。

日本でどころかアメリカでも絶対に運転できないと思った
DAISYさんは、いくらHUCKLEBRRYちゃんが疲れていても
絶対に
[運転代わろうか?]
と言いませんでした。

そのかわり、気を使っていろいろお話して
ひたすら続くまっすぐな道を運転する
HUCKLEBRRYちゃんが退屈しないように
頑張りました。

そして、
トレーラーの赤い部分から下に下がったところ、
よく見てみてください。

小さな緑色のものが見えませんか。



b0099516_21233574.jpg

[拡大図]

一生懸命頑張って私たちの旅についてきた
ダルーシーファスJR。

アメリカのデカさに少々怯え気味です。

ところで、このトレーラーに大量の荷物を詰めて運ぶというのは
ものすごい速度で燃料を消費するので私たちは3時間ごとくらい
に給油しなければなりませんでした。
そして、アメリカでも日本と同じように原油高が大問題で
ガソリンほんと高かった。
旅が終わったあとに清算してみたら
ガソリン代だけで8万円でした。
もちろんそれはHUCKLBERRYちゃんの親友がお支払いしてくれたのですけれども。

飛行機代もどんどんあがるし、トラベラーには辛いですね。


b0099516_2128835.jpg



ルイジアナ州独特の風景。
水の中に木々が生えてるのってなんとも異様な風景です。

ニューオリンズって海抜がマイナスなんです。
つまり、海より下にある都市なのです。
そりゃハリケーンが来たら危ないですよね。


走り始めて数時間はこんな風景が続きました。

その日の朝ご飯は
高速インターチェンジのワッフルハウスというお店で。
HUCKLEBRRYちゃんはハッシュブラウン(ポテト)とトースト。
私はブルーベリーのワッフルを食べたのですが
この時点ですでに

うーん、生モノがないなあ。
なんていうか、ほうれん草のおひたしのようなものはないのかね。
という気分になり、先のことが少々心配になるDAISYさんでありました。
しかしお隣のHUCKLEBRRYさんは

[ワッフルハウスの朝食はいいねー。]

とニコニコしておりました。
私は心の中で

言いたいことも言えないそんな世の中じゃ。。。ポイズン!
と思っていました。



b0099516_23323930.gif


朝7時くらいに出発して6時間ほど運転したところで
ルイジアナ州を抜けてテキサス州に入りました。
写真で見て分かるように、テキサス州というのはとっても広いのです。
どれくらいひろいかと言うと
日本より広いのです。

なので1日中走っていても
まだテキサス州から出ることはできません。


b0099516_2354057.jpg



その日のお昼はメキシカンでした。
これはHUCKLEBRRYちゃんのブリトー。

私はなんか適当に頼んだら
グラタン皿に満杯の溶けたチーズとその中に
ぽつぽつと野菜の入っている
物が来て二口食べてあとはもう食べられませんでした。
あれはチーズを飲む食べ物だよなあ。

この食事の時には


うーん。ワカメの酢のものが食べたいなあ。
と真剣に考えていたわたし。
HUCKLEBRRYちゃんは

[メキシカンフードは本当においしいよね。]
とホクホクしてました。

私はもちろん

言いたいことも言えないそんな世の中じゃ。。。ポイズン By反町

と思っていたのです。



b0099516_23582861.jpg



さらに走り続けること数時間
ついにテキサス州に入った私たち。

その日はHUCKLEBRRYちゃんの叔母さん宅に泊まりました。
朝昼と
[ロクなもの食べなかった]
と思っているDAISYさんと

[満たされた食生活]
を送っているHUCKLEBRRYちゃんですが
この日はおばさん夫婦が
ビュッフェ式のレストランに連れてってくれたので
私は好きなだけお野菜が食べれて満足しました。

しかし
その時にはまだ
生野菜の食べられる幸せをそれ程までには感じていない
DAISYさんでした。
その後の恐るべき食生活に関してはまた後日。




b0099516_001772.jpg


おばさん宅のベッド。
かわいい。
すごくよく眠れました。


b0099516_045863.jpg



おばさん宅のトイレがあまりにキレイだったので1枚。
[PR]
by liar-basho | 2008-06-17 21:30 | DAISY IN THE U.S.A
<< 爆走記の途中ですが。 アメリカ大陸爆走記ー出発前夜ー編 >>