ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

リフレクト

去年後半からなかなか
ブログ更新ができなくなってしまいました。まあFACEBOOKを始めて
そっちに近況を書いたりしてたので
そしてそちらは片手間にスマホから更新できるので
きちんと机に向ってブログを書く時間が更に減ったわけですが
2006年から書いているこのブログ、何と今年で7年目に突入しました。

これからも細々と続けていきたいので
年始に、去年できなかった一年を振り返る的なことを
やってみようと思います。

2012年1月

どうやら具合が良くなってきて、
不眠症に悩んでいたものの
「今年は社会復帰する」
と決めた時。
でも本当にできるのかかなり不安だった時期です。

こういう本を図書館で大量に借りてきて

b0099516_7482975.jpg

毎日惜しむ間もなく読んでました。
今考えると
やっぱ病んでたなあと思いますが
あのプロセスがなければ
今がなかったかもと思うと私にとっては大事な時間だったんだなあ
と思います。
精神科医や心理療法の人やうつ病を体験した人々の
言葉を飲み込んで飲み込んで
消化することにかなり一生懸命でした。

KAI様は車が大好きでいたずらがひどくなってきた時期。
夜も起きることが結構多くて
可愛いなーと思いながらも
うーん、ずっと一緒にいるってのは大変だーと思ってましたね。

b0099516_7512779.jpg


おばあちゃんの作ってくれたケープ。
出かけるたびに「かわいいい」と周囲の人から
大好評でした。
サイズがギリでしたが。
このころから靴マニアです。
一番好きな靴は「下駄」なんです。

b0099516_7514578.jpg

近所の公園にて。
このころはまだ一人で階段登らせられませんでした。

2月

b0099516_7555395.jpg


大変な妊娠期間を乗り越えて生まれてきたいとこの
こうめちゃんと。
私は妊娠期間は普通だったけど
出産が大変だったので
命がこの世に生まれてくることの奇跡に
再び胸打たれました。

この時期KAI様とHUCKLEBERRY氏
二人でインフルエンザに感染。
居間の布団で泣きながら寝てました。
(ちなみに私はインフルエンザはスルーできた)
HUCKLEBERRY氏は38度以上熱があり
インフルエンザと言っても会社を休めなかったりしたことから
いろんなことに不信感を募らせて
なんだから黒雲が立ち込めてきたHUCKLEBERRY家の
まだ春遠き冬の日々。

私もこれは経験したからよくわかるんだけど
欧米社会って具合悪いと
「ほかの人にうつす前にカエレ」
ってのが当たり前なんだけど
何で日本て病気でも(てゆーかインフルでも)
「休まれると迷惑」って風潮なんでしょうね。
常識的に考えて休んだ方がずっと効率的なのにね。
あんまり欧米では・・っていうのは私は言いたくないんだけど
私もこの冬いろいろ職場であってつくづくそう思ってしまったよ。


3月
仕事は決まったものの保育園に入れるかどうか
わからず精神的に不安定な時期でした。
長らく具合の悪かった私を支えてきてくれたHCUKLEEBRRY氏
でしたが疲れ切ってしまったらしく
心身ともにいろいろな不調が現れて
KAI様はいうこときかないしで
なんてゆーか背中にずっしり重いものがのってるなー
だいじょうぶかなあたし
最大積載量はどんくらいなんだろうなーこのぽんこつ車は
と毎日考えていましたね。うわあネガティブ
そんな中
b0099516_814343.jpg

若様は二歳に。
東日本大震災から一年経ちました。
みんながそれぞれの時間を生きて
時間は流れているということを
よく考えていました。
いやなことばっかりで
というか追い詰められるようなことばかり続いて
毎日心がきしむようだけれど
私の毎日よりも
東北の地で失った多くのものを悼みながら
春を待つ人々のことを考えて
私も頑張ろうと思っていました。


4月

社会復帰!
仕事はじめ。
KAI様は慣らし保育が難航。
迎えに行くまでずっと泣いてる日々が続き
家に帰ってきてからも私にしがみついて離れず
夜泣きも再開。
そして日中、何気ないときに自分の頭を
ぽかぽか叩き出したりして
天真爛漫さが売りだったあのKAI様はどこへ
ってほどの豹変ぶりに母ちゃんのストレスは
極限に。
夜も全然眠れなくなってしまい
また具合が悪くなってしまったらどうしようか
やっぱりまだ私の職場復帰は時期尚早だったかと
かなりぐちぐち悩んでました。
というかかなり視野が狭まってましたね。
周りが50CMくらいしか見えてませんでした。(せまー


5月


HUCKLEBERRYママと義父アメリカより来日。
KAI様は情緒不安定なままGWを迎え
なんとロタウイルスとその後肺炎にも
感染。

仕事をずっと休まなければならなくなり
尚且つKAI様は今までの元気が全くなく
発熱しては泣いてばかりという日々で
それに輪をかけてHUCKLEBERRY氏も調子が良くなく
そのすべての責任がやっぱり私がちゃんとしていないからなのだ
本当にダメ人間なんだなあと思いこんでしまい
なかなか前向きになれない日々が続きました。

HUCKLEBERRYママが日本に来てくれた時も
もっと大切な時間として一緒に過ごしたかったのだけれど
悩みでいっぱいの心と嘔吐下痢を繰り返すKAI様の世話に追われ
あまりお話しできなかったのが今でも心残りです。
いやあ5月は本当に大変でした。


が・・さらに大変だったと感じたのが
6月

ほとんど出勤できなかった4月と5月に比べたら
職場にいる時間も増えてきてなんとか仕事もできるようになってきましたが
まだまだ情緒不安定なKAI様、
そして私は毎日今日こそもう無理だと思いながら
生活してました。
車で出勤してる時にこのまま、車ごと消えないかなと思ったりね、(こわいよ
なんていうかそれくらい精神的に追い詰められてましたが
(このころほとんど夜寝れなかったし)

いろんな本を読んだり音楽を聴いたりして
救われました。

そういうものを楽しんで、そこから情報を吸収して感謝する
ということが自然にできる素養
が私にもたらされていたことが自分にとってこれほど
幸運なことなのだと最近実感します。



b0099516_2151237.jpg


とにかくこの時期は
「忍耐」って言葉の意味をずっと考えてました。
仕事中に「忍耐テーマソング」の歌詞を考えたりしてました。

でも忍び、耐えるというこの
物事や状況に対する姿勢というのは
この時期にものすごく掘り下げられたなあと思います。
人間てこんなにがまんして、こんなに苦痛に耐えられるんだ
と思いました。
私より大変な思いしてる人なんてもちろん星の数ほどいるんだし
住む場所も食べ物もあって何を言ってるんだろうと
思いながらも
毎日あたしもう限界・・・と思ってました。
何だろう、二時間映画だとしたら
一番見てていやな場面て感じ。

心が晴れることがないまま毎日過ごしていましたが
なんかそんな毎日にも慣れてしまった私がいました。
ということで暗い上半期が終わり、
下半期は次回書きたいと思います。
なんかだんだん明るくなってくるといいんだけど・・・。

今日も私は仕事です。
皆様よい一日をお過ごしください。

DAISY
[PR]
by liar-basho | 2013-01-04 08:26
<< リフレクト2 本年も >>