ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

春風や・・・

たいそうのおねえさんが
かわったーーーーーー!
(KAI様若干混乱)

あと、スイちゃんがおNEWになったーーーー!

(KAI様気付かず)

というわけで新年度です。

スイちゃんは・・・代えの利かない存在なのに・・。
違う子にするなら名前も変えてほしかった。
新しい子も可愛かったけどね。
(旧)スイちゃんよ、元気で大きくなっておくれ。
私、あなたからたくさんの勇気と希望をもらいました。
ありがとう。
ちょっとダークな面もあるスイちゃんがあたし・・
ほんとに大好きだったの。



(何を言ってるかさっぱりわからない方は無視してください。
NHK教育TVネタです。)


私そのうちKAI様がなんとかレンジャーとか観るようになったら
変身前の「青」のファンになったりするのかなあ・・。
やだなあ・・・。

あんまり戦隊ものはみせたくないんだけど
というか今のところさっぱり興味ないんだけど
どーもKAI様のキャラ的に保育園に行くようになったら
他の子に影響されて好きになるような気がする。

そして・・いつしか日曜朝起床後は
レンジャーモノを見るのが恒例になり、
ある朝、何気なく見た画面に映るヒーローの横顔に

気がついたらうっとり→
気がついたら翌週は番組前からTV前で正座→
気がついたらKAI様連れてジャスコのヒーローショー(おっかけ)

的な展開にならないようにします。
ま、いまのところ私、たくみおねえさん一筋だから
心配いりませんけれども。たくみおねえさんが
おかあさんといっしょファミリーコンサートで
我が街に来たらまじで見たい。

たくみおねえさんは私に何も言わずにいなくならないでね。

あ、あとこないだたくさんのママたちと支援センターで
話しててたいそうのおにいさんのはなしになったのです。
こどもがうまれると、こんなこと話しちゃうのよ
すごいでしょ。

とにかく・・
いまのたいそうのおにいさんは
顔芸が得意な(←DAISYの個人的感想)
よしおにいさん
っていうんだけど

ママたちの何人かは
おにいさんのことを
「よしお」って名前だと思ってたのね。
で「よしお、にいさん」って呼んでると。

なので私は

「ちょいちょいちょーーーい。
句点の場所が違うね。その場合は「よし、おにいさん」
ってなるんだよ。なぜかというと
彼の名前は「よしひさ」だから。」

というと

「おおおお~~~」
と言われました。
最近、人に一番羨望の目で見られた瞬間です。(全部誤解及び誤認です。)

とにかく、そんなことをわいわい話してたDAISY
昨日からひっそり社会復帰してました☆

そうなんです。お仕事です。
ワークですよ。ワーク。(←うざい

四月中はKAI様の保育園のお迎えの都合で
毎日四時間勤務なんだけど(よくそんな人雇用してくれたね。)
「はいー。はいー。」
と言いながら、真剣にメモとって
仕事覚えてるふりしながら
こころでぐるぐるぐるぐるいろんなこと考えてるDAISY33歳の春です。
今日なんてKAI様を託児所に預けていったから
半分以上は仕事よりKAI様のこと考えてました。
そしたらどうやらKAI様も私のこと恋しかったみたい!(←うざい

でも、職場からその託児所が離れてるので
送り迎えと通勤の時間を含めると
今日働いた賃金がKAI様の保育料で
パーになるという・・・
てゆーか250円マイナスですけどね・・

お金稼ぐって大変なことだよね。
あとはこんな私にも色々悩みは尽きなくて
ほんと色々考えてしまうんだけどね、
まー考えて悩む種があるだけ幸せなのかな
って思うように無理やりしました。
そうじゃないとほんと疲れるからね。

明日はいよいよ入園式です。
混乱しながらも一歩一歩前に進むHUCKLEBERRY家に
幸あれ!(←最近こればっかだね。

あいだみつおさんが
「しあわせは いつも 自分の 心が 決める」
と言ってました。
ほんとメゲそうになるときがあるんだけど
てゆーかもうしおれてるんだけど心が、
でもそんなときにこの言葉を思い出してます。

あー私が大丈夫って思えばいいんだーと。
人生生きてくと荷物も重たくなっていくよね・・。
ま、でもその重たい荷物の中身の
意味と意義を考えて
「うわあああああおもおおおおおおおおおおお。
ま、いっか。」
と思う努力をしてますがどうなることやら。


それではみなさま、また後日!
KAI様入園式の写真をお楽しみに(はーと)

DAISY






人気ブログランキングへ


こちらのサイトに「花まる日和」が登録されています。もしよかったら遊びに行ってみてくだされ。
[PR]
by liar-Basho | 2012-04-02 20:22 | 母ちゃんになったよ
<< ご飯がまったくたりない事態 骨の折れる話し。 >>