ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

一人の時間がやってくる前のこの高揚感。。。

今日は保健センターにKAI様の計測に行ってきました。
ぎゃんぎゃん泣いてる
子たちの中でたくましい体で余裕で計測をクリアしたKAI様。
計測後は母ちゃんには見向きもせずに
走り回って遊んでました。
頼もしいわ。(←そしてもっとかまってほしくて少し寂しい。


身長も体重もちょっと大きめででも標準で
とっても良い発育具合だといわれました。
嬉しいねー。KAI様!

でもよく熱をだすので心配なんですうと保健師さんに聞いたところ
扁桃腺が腫れやすい体質だとやっぱり熱がたかくなるらしい。
そういえば風邪ひくといつも先生に
「喉赤いね。」って言われるよね。そうか・・・。
と思ってると「粘膜の問題だからね、粘膜を強くするには
やっぱり緑黄色野菜を食べるのが一番。健康な体つくりの最重要課題ですよ。」
と言われました。


わかりました。がんばります。(小声

さーそして今日はちょっと用があってまたKAI様を
預けて母ちゃんは用事をすまさなければいけないのですが
迎えに行くまでちょっと時間が余りそうなので残った時間
一人カフェで読書したいと思います。
それが楽しみ過ぎて今からどっきどきなんですけど・・・。

今週も暇さえあれば読書しております。
今回はKAI様が騒いだのであんまりたくさん本を
借りれなかったんだけど今借りてるのはこちら







どこからが心の病ですか? (ちくまプリマー新書) [新書]
岩波 明 (著)




b0099516_128078.jpg



健常な状態と心の病との境目というのはあるのだろうか。
身体の疾患と違い、精神現象は数値化するのがむずかしい。
だが症状や経過にはパターンがあり、ニュアンスを掴むことはできる。
青春期に多い精神疾患の初期段階の症状をわかりやすく解説する。


この本はもう読み終わりました。
さまざまな精神疾患が豊富な症例とともに解説されてるんだけど、
私の感想としては、自分はこの先生とは相性はあわないだろうなという
ことでした。
この先生本当にたくさん本を書いてるんだけど
犯罪者の精神疾患についての本も多くて、でもすごい怖いタイトル
つけてるんだよねそういう本に。
いったい誰に向けて、何のためにそういうメッセージを発したいのか
と私は思ってしまうのです・・・。


そしてこのずーんと重たい本を読んだ後、
昨夜から読み始めたのがコチラ




おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2 [ハードカバー]
村上 春樹 (著), 大橋 歩 画 (イラスト)



b0099516_1244579.jpg




、人の悪口を具体的に書かない 
2、言い訳や自慢をなるべく書かない
 3、時事的な話題は避ける。
これが村上春樹さんがエッセイを書く時に自ら課したルールだそうです。
そんな法則に則って書かれた、
どうでもいいようだけど、やっぱりどうにも読み過ごすことが出来ない、
心に沁みる興味津々のエピソード。
究極のジョギング・コース、
オキーフのパイナップル、ギリシアの幽霊、あざらしのくちづけ、、、、
うーん、なるほど。いやあ、ほんとに。
マッサージのように、心のこりをときほぐしてくれるハートウォーミングな語り口。
それに彩りを添えてくれるのは、
大橋さんの美しい銅版画。
10年ぶりに帰ってきた、
アンアン連載の伝説のエッセイ『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』。
村上さん曰く「“日本でいちばんおいしいウーロン茶”を目指して書いた」エッセイ。
肩の力を抜いて、気楽にご賞味ください。

今日はこれをカフェで読むのがめっちゃ楽しみ!
とにかくゆるくてすごい面白い。
何も考えずに
ただ純粋にワイン飲みながら
大好きな友達のどーでもいい話をきいてるような
感じになれる本です。
文字を追ってるだけで心がほどけてく感じ。最高よ。
1Q84を書き終わった後に
書かれたエッセイなんだけど
普段本を読まない人にも
これはほんとに軽く読めるのでお勧めです。

一話の最後に「今週の村上」という
一言コーナーがあるんだけどこれがまた面白くて

「先日初めてバンダナを買いました。何も悪いことはしていないのだけどどきどきしました。」

とか

「千葉で「グッド・ラック」という名前のラブホテルをみつけました。頑張ってください。」
とか書いてあって昨夜は赤ワインを少々吹きました。





心をたがやす (岩波現代文庫) [文庫]
浜田 晋


b0099516_1292926.jpg


人間が生きていくうえでもっとも大切なこととは何か。
東京の下町にクリニックを開き、
恵まれない老人や
精神障害者の地域医療に取り組んできた硬骨の精神科医が、
自らの歩んできた軌跡を振り返り、
鋭い社会批判をまじえつつ、「食べる」「住む」などいのちの基礎にある行為から、
生きていくために何が本当に必要なのかを問う。



これはまだ読んでないんだけど楽しみです。




KAI様預けるときには荷物が大変。
これから荷物作らなきゃ。



b0099516_12274012.jpg


昔は大きな手提げ通称マザーズバッグを使ってた時期もあるんだけど
とにかく今は機敏に動けないといけないので
常にリュックです。
中身は普段はこんな感じ。
おむつ入れ。
本。
おやつ。
財布。
KAI様のおもちゃ。
手帳。
デジカメ。
後、ポジティブなことを思いついたときに書き記すノート。(←うわあ


b0099516_1228130.jpg



このポーチはロンドンに住んでた時にチャリティーショップで
100えんくらいで買ったんだけど
中が細かく分かれていてこまごましたものを入れるのに
非常に重宝しております。
支援センターに行くときにつけるKAI様の名札も入ってます。

b0099516_12365585.jpg



そして絶対に入ってるのが読みかけの本。
KAI様がなんか集中して一人で遊び始めたら
速効で母ちゃんも本の世界に入ります。
その貴重な時間を逃さないために常に一冊は携帯してるのです。

この本はもう読み終わったんだけど
あんまりおもしろかったので図書館で延長して
再読しております。

ちなみにしおりは押し花が入ってて
DAISYの母上の手作りです。

このしおりが
たまに行方不明になるとおろおろしてしまいます。

b0099516_12285436.jpg


リュックの両サイドのポケットには
DAISY用の水筒(ほうじ茶)
とKAI様の水筒が入っております。

このリュック気に入って使ってたんだけど
色が淡いのですごい汚れが目立つんだよね・・・。
というわけで正月なので新しいリュックを買いました。
毎日使うからねいいよね。たまには新しいもの買っても・・・。


今日も昼寝中に更新完了!

気分良いです!

それではKAI様が起きたら出かけてきます。
皆様もどうぞよい午後をお過ごしください。
DAISY




人気ブログランキングへ


こちらのサイトに「花まる日和」が登録されています。もしよかったら遊びに行ってみてくだされ。
[PR]
by liar-Basho | 2012-01-17 12:43 | 母ちゃんになったよ
<< ありえないってこういうときに使... 発熱体質 >>