ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

だったらひじき煮てみろと言いたい

日付が変わりました。
HUCKLEBERRY氏とKAI様はとうに夢の国の住人
となっておりますがワタクシ全く眠くありませんので
こうしてブログ更新に勤しんでおります。

本当によくなった私のうつ病ですが、
私の中に残って、そして私自身を根底から変えてしまったものも
幾つかあります。

そのうちのひとつが

眠り
です。

KAI様が生まれるまで毎日八時間睡眠が基本だった私ですが
どうやってそんなに寝ていたのか、全く信じられません。
戻りたいです。
でも戻れない・・・。

夜中、もしくは明け方、非常に眠くても眠れない、
そして日中、非常に眠くてもなんとかまあ大丈夫

という風に体が慣れて適応してしまっているようです。
ここ最近図書館で何冊かうつ病関連の本を借りてきて
読んだのですがこの症状は本当に顕著で
多くの人々が経験しているようです。

実際、体は完全に休息と睡眠を求めているのに
脳がそれを拒否して許可しないというこの
「不眠」状態というのはあらゆる「消化不良状態」の
の中で、かなり不快指数の高いものだと思います。



私はかかりつけの先生が処方してくれた睡眠導入剤
をほとんど飲まないのですが、何日か眠れない夜が続いて
今日寝ないと明日KAI様のお世話に差し支えるかもな・・・
と危機感を抱いた時に服用しております。
ぐっすり眠れます。大変にありがたいです。


そしてこのうつ病ですが、もちろん近代において突然
現れたものではなくて古くから人々がこの病に悩まされてきたことが
諸々の歴史的文献から明らかになっています。
(↑何冊か読んだうつ病の本のうけうり)

そう、精神医療という概念が存在し、かつ
抗うつ剤などが開発されたのは本当に人類の歴史に置いて
昨日の出来事のようなことなのですね。

でももちろん有史、人は精神の問題と向き合って生きてきたわけです。
そして自分がうつ病を患って
いま医療技術の発達した時代で本当に良かった
と胸なでおろす、
このなでおろしかたたるや
言葉で言い表せないものがあります。
なでおろす、本当に読んで字のごとく、という
感じでしょうか。

もし私が今の状況に100年前に陥っていたとしたら
とても夜中の一時にブログを書きながら白ワインを飲んで
うへうへ言っていることはできなかったでしょう・・・。

そしてそれは私が努力したり勝ちとったりしたものではなくて
私に与えられたものです。
感謝して生きなければいけないなあ
と深く胸に刻み込むのです。(←でもたまに忘れる

でもね、本当に今回結構何冊かうつ病の本を
読んだのですが
抗うつ剤のなかった時代の人々がどんな風に
この病気を受け止めてそして
生きていったのかというような
文献を読むともう涙があふれてあふれて
止まんないんですよ。
最後にはもう嗚咽漏らしてむせび泣いているような
状況でこれは確かにHUCKLEBERRY氏が

「DAISYちゃん・・もtっと気軽に読める心に負担の
ないようなものを読んだ方がいいんじゃない?」
というサジェスチョン(提案)も

「言いたいことはわかるよ。」
ということになってしまうのです。



とにかく・・・
(↑酔ってきた。)
これ以上内容のある文章を書く自信が
ないので(←いつもはあるのかということは聞かないでください

本日はこれにて失礼いたします。

本当はKAI様がヌイグルミと遊ぶのに凝っていて
ご飯をあげたり寝かしつけたり
いっしょうけんめいしている。
ということを書こうと思ったのですが
ワインがまわってきたので
又の機会に。

私はとにかく一日を大切に生きたいと思います。
素直に、誠実に、謙虚に。
(↑無理だけど



ああーそうだった
これを最初書こうと思ってたんだ、
今日kAI様と子育て支援センタに行って
遊んでたんだけど
そこにはたくさんのママがいるんです。
そしていろんな話をしているわけですもちろん。
ママ友同士で来ている場合は
75%旦那のグチを言ってます。

で、
聞く気はなくても周りで何を話しているのかは
自然と耳に届いてしまうのです。
だってめっちゃ至近距離だからね。

そして今日は二十代後半とおぼしき
「高校時代がコギャルだった。ハンパなくアムロちゃんに憧れてた。」
って感じの二人のママが話していて
その話を聞いていたんだけどね・・・・


何故かって言うとKAI様はそのママの二人の子供の間に入って
一心不乱におもちゃのバナナを食べていたからなんですが
とにかく!

ママ(推定年齢26歳、オレンジレ0ジが好きだった)が

「ほんとうちの旦那使えないんだよね。休みの日とか
出かける前とか準備しててもなにひとつて伝ってくれない。
ほんとムカつくけど、けんかになると面倒だから何も言わない、
私は子育てで疲れてて、旦那に「何かして」って
頼む余力はない、自分で察してほしい。(←超わかるうううう

しかも
スーパーのお総菜は食べない。惣菜買ってくと「何おまえ手抜きしてんの?」って言われる。

と言ってました。

私はすぐに隣に行って彼女の肩を抱いて

「・・・・ドンマイ」
って言ってあげたかった。

私なんて疲れてるとすぐ
「そうだ・・・サイゼリア・・・・行こう」

って言ってるけど何か


って言ってあげたかった。

でもね
話を聞いているとね

その「惣菜ダメ夫妻」のママ友はこんな
話を始めたのです。


「そっかー。でもうちの旦那、
私に刺身一切れもくれない。


って・・・。


それを聞いて私ね
問題提起とか色々もちろんあると思うの、
でも、
今自分の持つ幸運に感謝しようと思ったのです。

いやはやほんとによってまいりました。
あまりミスタイプの多い文章を更新するのも
恥ずかしいので本日はこの辺で・・・・。



daisy



















































人気ブログランキングへ


こちらのサイトに「花まる日和」が登録されています。もしよかったら遊びに行ってみてくだされ。
[PR]
by liar-Basho | 2011-09-17 01:03 | 母ちゃんになったよ
<< 水かっとかなきゃ・・でも今回は... なんという顔 >>