ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

新しい物語の世界へ旅立つときがきた

HUCKLEBERRY氏と結婚していて良かったなと思う時・・・

本日はそんなお話し。

*****

(つ´∀`)つ(←久しぶりのHB顔文字)<「DAISYちゃん、誕生日もうすぐだね。」

と言い始めたのが五月の連休。

私の誕生日は七月の終わりです。
二カ月以上先の話です。
でもね、そうなのです。
誕生日をすごいお祝いしてくれるんですよ。


(つ´∀`)つ「今年は段階的にお祝いしよう。」


と言って、現在段階的にお祝いしてくれています。
七月の初めの週から徐々に・・・。

いや、そんなしなくていいよと言うのですが
「何言ってるの。誕生日なんだからいいんだよ。」
と言って今日も昼間から御殿場高原ビールを飲ませてくれました。
ありがたやありがたや・・・。


おいしいイタリアンも食べに行ったし、ずっと欲しかったかわいいバックパックも
買ってくれたし・・・
今晩はナチョスを夕飯に作ってくれるらしいし。(←コロナビール付き)
なんかいうと

(つ´∀`)つ「でも誕生日だからいいんだよ。」
となんでもOKになります。

誕生日よこないでおくれ。

そんな激甘HUCKLEBERRY氏ですが
昨日村上春樹氏の「海辺のカフカ」を
読み終わりました。

読み始めたころからとにかく
内容について私と議論したくて仕方のなかった氏。
作中で登場人物が東名高速富士川SAでヒッチハイクをするシーンがあるのですが
そこを実際に見たいと言って、止まる必要なかったのに
あえてそこのSAでとまって風景を確認したり
オタクぶりをいかんなく発揮しておりました。

そして昨夜とうとうクライマックスを迎え、読破したのですが
私を呼ぶのでウザいなあと思いながら言ってみると

(つ´∀`)つ「見て!すごすぎてトリハダたった!」
と足を見せてきました。

わたし、本読んで鳥肌たったことまだないのでなんだか感心してしまいました。
とにかく興奮してました。
私この本途中まで読んで怖くてやめたんだよな。。
もう一度読んでみようと思います。

そう、私も最近読書熱が復活してまして
KAI様出産後ほとんど本読んでいなかったのですが
一歳を過ぎてからまとめて寝てくれるようになって
私の方も心に余裕ができてきて
再び物語の世界に飛び立てるようになりました。

活字中毒症状再発です。
というわけで、ほとんど毎日一冊のペースで読んでいます。
今は宮部みゆきさんの歴史小説を読んでおります。
ちょっとまだどろどろしたような話はメンタル的に重いかなー
と思って、意識的に避けながらですね、
七月に入ってからがつがつ本を読んで10冊以上は読んだのですが
よかったのが
椎名誠さんの「大きな約束」「続、大きな約束」です。

孫が生まれて「じいじい」になった椎名さんの日常が淡々と
綴られているんですが
私は彼のエッセイはほとんど読んでいるので
なんかすごい胸に迫るものがありました。

孫の風太君と電話でお話しするシーンで毎回
泣きそうになってしまう。
多忙な毎日の中でも彼からの電話のタイミングは逃したくないと
電話がありそうな時間帯には子機を持って移動する
「じいじい」ぶりににやにやしてしまいます。
世界の辺境地域を飛び回り
がしがし書いて、わしわし食べて、わっせわっせと
絶えず動き回ってきた椎名さんが年をとって「じいじい」になって
心から大事なものをはっきり自覚して、それを逃さないように
見逃さないように真剣に生きてるのが伝わってきて
長年の読者としては自然に頬が湿ってることに
ページをめくったあとに気がついたりして
真っ赤に染まった夕暮れ空が明日も暑いこと
を告げていて、遠くの道路が帰りを急ぐ車で渋滞していて
KAI様は絵本をめくりながら何かつぶやいていて
おおおおおおおお
人生って不思議なものですねーーー
と思うのです。
そんな夏を送っているDAISYが本日は
長文でお送りしました。

それでは皆様また後日。


ここまで昨日下書きしたのですが
それにしても現在ものすごい雨です。
皆さまどうぞ外出時には十分ご注意ください。

DAISY




人気ブログランキングへ


こちらのサイトに「花まる日和」が登録されています。もしよかったら遊びに行ってみてくだされ。
[PR]
by liar-basho | 2011-07-19 15:35 | 母ちゃんになったよ
<< 中間 教育テレビよ、ありがとう。 >>