ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

暖房にまつわるエトセトラ。

起床後洗面所に行ったHUCKLEBERRY氏。
そこで黒々としたDAISYの髪の毛が、ごっそりと
まるで生き物のようにゴミ箱の中にたたずんでいるのを
見たのです。

まさか!ついに!DAISYちゃんが!
と思ったかどうかは知りませんが、
KAI様と居間で遊んでいる私のところへ
「DAISYちゃん、大丈夫?」
と駆けつけてきました。
そして私を見て
「KAWAII~~!」と一言。
そうです。私は前髪を切ったのです!
(なんとゆー始まりなのと思った人許してね)

仲間ユキエをイメージして(すんなよ)
伸ばした前髪二年間、
イメージからはもちろんほど遠く
そしてアホ毛も激しく、たまに店でKAI様を抱っこした自分の
乱れ切った髪の毛を見て、
「生活に疲れた主婦じゃん!」
と愕然としていたのですが(いや、実際そうなんだけど)
せっかく伸ばしたしー、切ろうとすると仲間さんがCMに出てて
美しいしーということでなかなか踏み切れなかったのですが
ある朝シャキーンとハサミを持って鏡の前に立っている自分がいました。
そいでばっさり切りました。
かーなーりーすっきり。そして随分若返った気がします。
そんなどうでもいい話から本日始まりました。
そしてこの後もどうでもいい話が続くのですが
お暇なあなたはどうぞお付き合いくださいまし。

さて、
HUCKLEBERRY氏ならずとも
冬場、いやーなお仕事といえば

「灯油入れ」
できればやらずにすませたい。
誰かに押し付けたいこの仕事。

HUCKLEBERRY氏は
日本に住んで4年目ですが未だに
灯油タンクに上手に灯油を入れることができず
必ず灯油を服にぶちまけては
「ガッデーム!」
と怒っています。
そのたびに気付かれないようにクスリと
笑う私なのですがHUCKLEBERRY氏は
この仕事のことを
「灯油ビジネス」と呼んでおり
忌み嫌っております。

英語では日本語で言う「ビジネス=仕事」
という意味のほかにも色々な意味があって
例えば
「It is not my buisiness.」
というと
「まあ私には関係のないことだけど。」
という意味になり、非常によくつかわれます。

「I know that`s not my business but I care about you.」
などと言うと
「わかってる。私が口をはさむことじゃないって。
でも私、あなたのことが心配なのよ。」
という意味になり
HUCKLEBERRY氏のことが色々心配でしょうがない私は
よく彼の職場の人間関係について口をはさんだりして
余計なおせっかいをしています。

そう、「あんたにそんなこと言われたくないよ。」
と思ったときは
「That is not your business!」
とはっきり言いましょう。
(それでは今週のDAISYのミニ英会話教室お別れの時間です。)

さて脱線しましたが「灯油ビジネス」のお話しでした。
なんでそんなにもこの
「ビジネス」を「Taking care」上手にできないのかというと、(HUCKLEBERRY氏いはく)
アメリカには灯油ストーブがないからだと言います。

じゃあ皆何で暖を取っているのかというと
セントラルヒーティングなのですよ。
おうちにそーいうシステムがついており
家全体の空調を管理しており、
したがって
ボタンひとつで家じゅうの温度の設定ができ
夏は涼しく、冬は暖かく快適に
過ごせるようになっているわけです。
これね、聞くと良いことばかりに思えるでしょ。
でもね、アメリカの家ってでかいでしょ。
日本人ならきっと
快適さゆえの後ろめたさのようなものを感じると思うのです。
だって、家中、自分のいない部屋も全部空調管理されてるんだよ。
エネルギー無駄使いしすぎだよね。
私初めて自分がアメリカに長期滞在したとき
「エコ」って何なんだろうって、真剣に考え込んでしまったよね。
もう発想と言うか観念というかが圧倒的に
完全に違うのですよね。
夏はクーラーと扇風機を部屋ごとに、
そして気温に応じて
冬は各部屋ごとに暖房を使う日本の生活スタイルとは
あまりにも、あまりにもかけ離れているのです。
そう、でもよくアメリカのホームドラマに
出てくるような家にみんながみんな住んでいるわけではもちろんなく
貧しい人もたくさんいるわけです。
セントラルヒーティングの付いていない家に住んでいる人もね。
そういう家に住んでいる人はどうやって生活しているのか
HUCKLEBERRY氏の体験を聞いてみると

それは心が芯から冷えるような悲しいお話でした。

「ぼくが一冬住んでいた家には、暖房がなかった。
電気ストーブしかなかった。
でもね、それってDAISYちゃんも知っている通り
部屋を暖められないでしょ。そのすぐそばしか暖められないでしょ。
しかも電気代は高いでしょ。
その冬僕は三人のルームメイトとその家をシェアして
住んでいたんだけど、寒いから酔うしかないってことで
毎晩泥酔するまで飲んで、酔って、
一人の服に火が燃え移って火事になりかけたから
会議をしてもう電気ストーブをつけるのはやめたんだ。
それで僕たちはその冬中ずっと帽子マフラー手袋
着用で過ごしたんだよ。移動は体に毛布を巻きつけてするんだよ。
そして想像に難くないと思うけど
これはとても動きにくいんだ。
すぐに転ぶんだよ。
そして寝るときは七枚服を着て寝ていたんだよ。
それでも風邪をひいて
肺炎になりかけたんだよ。それにね、その家は
お湯が出ないんだ。そしてね、
だから手袋をつけたまま顔を洗ったりしていたんだよ。
てゆーかあんまり顔とか必要以上に洗わないようにしていたんだよ。
朝起きてからね・・・」

「もういいです。」

そう、こんな極貧生活を送ってきたHUCKLEBERRY氏
「ガッデーム!でも、ラッキー。」
と現在の自分の恵まれた環境に感謝しているのでした。
いやあ今日も長々とキーボード乱れ打ちしてしまいました。読んでくれてありがとう。


b0099516_7524474.jpg

いつも雑貨屋さんで見て気になっていたこの
旗の飾りを、端切れを集めて作りました。
結構可愛くできましたよ。


b0099516_7534019.jpg

じいじにもらったつみきで遊ぶのに夢中です。
木がおいしいみたいよ。
ちとぽよんお手製のこのスタイ?ビブ?よだれかけ、と
私がフリマで10円で買ったボーダーの服がマッチしているところが
ポイントです。
最近寒いから何着せるか悩むわーーー



昨日もたくさんママーと言ってくれたKAI様。
寒くてなかなか外に出るのもおっくうですが
今日も散歩に行こうね!

それでは皆様どうぞ良い一日をお過ごしください。
DAISY






人気ブログランキングへ ←寒い中本当に灯油入れるのやだよね。


こちらのサイトに「花まる日和」が登録されています。もしよかったら遊びに行ってみてくだされ。
[PR]
by liar-basho | 2010-12-17 08:03 | 母ちゃんになったよ
<< 温泉ファンタジー 480人かあ・・・。 >>