ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

重いです。本日。

今日は保健センターにKAI様の離乳食の栄養相談に行ってきました。
私の前の人が一時間近く話していたのですが
私達は10分で終わりました。

栄養士さんに「これ以上ないほど順調」
と言われたからです。

はい、おわりと。

文句あるのと言われればないのですが・・・。

私自分がKAI様を母乳で育てられなかったことに
本当に今でもこだわっているというか
大きな罪悪感があって、
「母乳はできなかったから離乳食は絶対にちゃんとしなきゃ。」
とすごーく思っているんですよね。
そんな風に硬く考えなくてもいいとわかっているのだけれど
どうしても身構えてしまうのです。

KAI様の人生のスタートに母親として当然のことをしてやれなかった


母親失格

と誰にそんなことないよと言われても
どうしてもそういう風に考えてしまって
その気持ちから解放されないのです。
どうしたらいいのかわかりません。

今でも
もうすぐ9か月たつ今でも

「母乳が乳児にとって最適の栄養です。」
「できる限り母乳で育てましょう。」
という文章を見るたびに吐き気に似たような
嫌な気分になります。


だから外で知らない人に話しかけられて

「まーかわいいわね。母乳?ミルク?

と聞かれると体が固まってしまいます。
というかそんなこと唐突に聞く人いるのと思うかもしれませんが
結構います。
そしてその度に
逃げ出したくなってしまいます。

失格

と胸に彫刻刀で文字を刻まれたように
痛むのです。
胸が。
KAI様生後数日で
母乳指導をしてもらっているときに
助産師さんが
「他のものはないんだよ。」
といった言葉が胸に焼き付いて離れないのです。
どうしても、自分はずるをしている
という気持ちから逃れられないのです。

これからもKAI様の人生で私が彼にしてあげられずに
悔むことはきっとたくさんあるのでしょう。
でも、私がうつ病を発症するきっかけになった
この「母乳育児ができない」というトラウマから
解放されるのはまだまだ時間がかかりそうです。

栄養士さんに「ミルクいつから?」
と聞かれて
「一番初めからです。」
とやっとの思いで答えて
その後泣きそうになりました。

元気に育っているね、何も心配しなくても大丈夫ですよ
と栄養士さんに言われて

「でも私は母乳で育てていない。」
と思って、他のママ達とは違うんだ、私は
するべきことをするべきときにしてこなかった人間だ
とすごく思って
どんどん嫌な気持ちになってしまいました。

こんな私を母ちゃんとして認めてくれるKAI様と
理解してくれるHUCKLEBERRY氏のことを考えたら
いつまでもこんな自分じゃいけないと思うのですが
やっぱうつ病なのだなとしみじみ思った本日の
栄養相談なのでした。
こんな暗い内容でごめんなさい。

いやあ、明日は明るい気持ちで更新できるといいな!





人気ブログランキングへ ←ぶちまけて少しすっきりしたわたくしに一押しよろしくお願いいたします。


こちらのサイトに「花まる日和」が登録されています。もしよかったら遊びに行ってみてくだされ。
[PR]
by liar-basho | 2010-12-15 18:53 | 母ちゃんになったよ
<< 480人かあ・・・。 なんて言えばいいんだろう。 >>