ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

美しい箱の空気。

カルトナージュ

って聞いたことありますか?
中世ヨーロッパで生まれた手工芸なんだそうですが
厚紙をベースに、箱やブックカバー、写真たてなどを作るもので
もともとは製本技術から発展したものだそう。

今回はそのカルトナージュのお話です。


私の好きなもの・・・それはカゴや箱などの古いもの、
竹やつる、流木などの自然素材。

そーいうものに囲まれているのが大好きな私。
でもいつも欲しいものが買える訳じゃないので
(てゆーかいつも買えないw)
不器用ながらに自分で作ってみようと思い立って
も失敗してばかりいるのが
だいたいの私の日常です。

さて、カルトナージュのお話ですが
私はこの手工芸の名前を前から知っていたわけではなく
図書館のクラフト本コーナーをうろうろしているときに
ふと手に取った一冊の本がこのカルトナージュの
本だったのですね。

中にはうっとりするようなきれいな布が
貼られた小箱とその作り方が。

そこで気付いたのは
( ノ゚Д゚)あっ!あたしこの「カルトナージュ」
の小箱一つ自分で持っているね。

ということでした。
しかも宝ものとして大事に大事にしているものでした。

それはこちら



b0099516_2031215.jpg


もうずーっと前にリサイクルショップで
けっこうな値段で購入しました。
その時は高いな
と思ったのですが毎回見るたびに目の保養になるので
すっかりもととりました。

このシックな緑と花柄がすごく気に入っています。

おおおお。
そうかそうか、あれはこの手工芸品だったのかー
と思ってなんか感動し

b0099516_20325563.jpg


(中。
こんな風にすごーく凝った作りになっている。
中央には指輪がさせて、鏡もついています。)


そっかー。私にも作れるのかー。


と思って本を借りて帰ってきました。

そして挑戦したのですが
やっぱり難しかった。
そいで何かに集中するにはちょっと暑過ぎた・・・・。


b0099516_20345968.jpg


本には厚紙を自分で箱に組み立てるところから載っているのだけれど
立体が苦手なdaisyさんは(中学の数学ほんと難しかった)
ありあわせの小箱に先ずは布を貼ってみて
その後他の箱にも貼ってみました。

b0099516_20364293.jpg



赤い方が初挑戦の作品ですがすっごいヨレヨレしてます。
いやあでも楽しいよこれ。
ヨーロッパのものだけあって写真なんかは
ビクトリアン調だったりラブリーな花柄が多いのだけど
私とHUCKLEBERRY氏には会わないので
着物の端切れとかそーゆーので渋く攻めて見たい。
私はいろんな布を持ってるのでまた色々貼ってみたいと思います。
今度はアジアの布で何か作りたい。
他の人がやれば私の10倍くらい早く上手に出来るのだろうなと思いながらも
今度は何を作ろうかと考えているdaisyでした。
[PR]
by liar-basho | 2009-07-14 20:26 | 嗚呼港町四番地録
<< ゆらゆら。 なんか最近すごく顔がぱんぱんよ... >>