ブログトップ

花まる日和。

liarbasho.exblog.jp

イタリアで美酒美食記ー宿編。-

今回私達が泊まったのは
B&Bというスタイルの宿泊施設。

B&BのB


「ボーイズビー」
ではなく

「バービーボーイズ」

でもなく
(ボーイズビーとバービーボーイズがわからない良い子はお母さんにきいてね)


「ベッドアンドブレックファースト」
という意味ですね。

その名のとおり、寝るとこと、朝食がついてくるっていう意味です。



私達が泊まったのは、中心街から少し離れた住宅街の中の普通の一軒家でした。

住宅街ですがこれが高級住宅地。


b0099516_16454316.jpg


お部屋はこんな感じ。
とってもきれいでした。どこもぴかぴかでした。

b0099516_1646391.jpg


外はこんな風。
強い陽光に照らされて、レモンが木にたわわに実っていました。
なんてゆーか「豊かだなあ」って感じがすごいした。


b0099516_16475925.jpg


玄関先のレモンの木。

私達を迎えてくれたのは
ビビアーヌというお母さんだったのだけれど
多分年のころ50歳くらいの人だと思うのだけれど
とってもスタイルがよくって
こう黒のノースリーブに肩までの黒髪をサングラスで上に上げているみたいな
すごいスタイリッシュな感じで
私達は二人で

「このすーぱー脂っこい料理を毎日食べているのにどうしてイタリア人は
みんなスタイルがよいのだろうか」
としばし話し合ったもののよくわかりませんでした。


b0099516_16504867.jpg


それというのも朝ごはんはこんな感じ。

これは朝ごはんなのですよ。

三時のお茶ではないのです。


ひーーー

激甘。

何かビスコッティーヌとか
甘いジャムの入ったクロワッサンとか
他にもタルトとか
そんなのがてんこ盛りに置いてありました。

甘いものが元からあまり好きではないHUCKLEBERRy氏は
ほとんど朝食が食べられず。

甘いものが元から大好きであるdaisyさんですら


(°ρ°)うえええ

って感じでした。
おそるべし。



b0099516_16543918.jpg


近くのスーパー。

かわいい。

こーやって文字にされているのをみると本当に
ラテンベースの言語は親戚同士だよねって思うよね。

完全にはわからなくても想像でなんか意味がわかるところが
随分あると思う。

日本人が言葉は離せなくても
漢字を使って筆談で中国人とコミュニケーションできるようにさ。

言葉って面白いよね。



b0099516_16572427.jpg


おまけのトイレ。
わかりづらいかもしれないけれど、
トイレ本体の横に「ウオシュレット」らしきものがある。

本体で用を足した後に横の付属品に移動し
そしてきれいに洗い流すという仕組みらしい。
なかなか合理的。でも面倒くさいかも。

いやあートイレに歴史あり、文化あり、種類ありですな。
[PR]
by liar-basho | 2009-04-30 16:59 | イタリアで美酒美食
<< 英語脳が刺激されたいコンニチの... イタリアで美酒美食記ーその1。編ー >>